2009/08/29

モルディブより帰国

船から荷物を降ろし、私達もドーニに乗り換えて、マーレの空港まで。

Dsc02784 ←今まで寝泊りしていた船。かわいいでしょ。

またまたスリランカ航空で帰ります。
東京からマーレまでの機内食ははスリランカカレーなどが出たりして、それなりに美味しかったのですが、帰りはうーん・・・・wobbly
ほとんどのものは美味しくいただける私ですが、今回のはかなり厳しい。

Dsc02787

モルディブの空港で、前の会社の中国人の同僚に会ったりして、最後の最後まで驚きと感動を与えてくれたモルディブ旅行でしたheart01

お昼の12時過ぎに成田に着き、セントレア行きの飛行機までは6時間ぐらい間があったので、あらかじめ予約しておいたヒルトン成田のデイユースを使って、シャワー&仮眠タイムsleepy

今まで船の揺れの中でシャワーを浴びていたせいか、陸に上がって揺れていないはずなのに、足で踏ん張っている姿がちょっと恥ずかしい。
シャワーを浴びて、広いベッドでゴロゴロしながら、日本語のテレビを見て、仮眠して、ってすごーく贅沢な時間を過ごしました。

6時間もあって時間がもったいないなと思ったりもしましたが、こういう使い方をすれば、気分的にも落ち着くし、身体も休まるし、いいアイデアだったのかも。

Dsc02789

最後にヒルトンのお庭と離着陸していく飛行機を眺めながら、お茶タイムcafe
贅沢な時間を過ごして、最高な気分でセントレアというか、現実の世界に戻ってきました。

モルディブでは、念願のジンベエを生で見ることができて、幸せでした。
次の旅行の行き先はもう決まっているのですが、いつ行けるかな~。
また楽しみを見つけながら、日々の生活を一生懸命にがんばりますrock

| | コメント (0)

2009/08/28

モルディブ 7日目

今日の夜の飛行機で日本へ戻りますが、それまでは船の上でのんびり。
飛行機に乗る24時間前からは、ダイビングをしてはいけないので、今日は少しだけマーレ観光をしに行きます。

Dsc02773   Dsc02776

6日間、完全にリゾートや人の多い場所からは隔離されていたからなのか、マーレの街があまりにも近代的で、高層ビルが立ち並んでいたのには、正直びっくりしました。
活気があります。

Dsc02774 ←大統領官邸

上の写真にあるカラフルでかわいらしい建物は大統領官邸。
2つあるらしいのですが、私が見たのは、こちらの赤い屋根の方でした。
鉄格子ごしにしか見られなかったけど、綺麗に手入れされたお庭と、後ろのかわいい建物がすごく親近感のわく建物だなと思いました。

Dsc02775 ←イスラミックセンター

この白い建物は、イスラミックセンターです。真っ白で本当に綺麗です。
世界中のイスラム教国、イスラム教徒からの基金により1984年建てられたもので、マーレのシンボルとなっているそうです。
モルディブ最大のモスクで、中には礼拝堂だけでなく、イスラム図書館、学校、会議室などもあります。
さすがにイスラム教の国なので、お祈りの時間になると、大勢の人がここに集まってきて、はだしになって館内に入って行きました。

このマーレに来ると、ボートクルー達は、来週のダイブクルーズのための食料を調達します。
大量の野菜類、香辛料類、そしてあの美味しいバナナも(まだ緑ばっかりですが)!

Dsc02779   Dsc02780

船の上で生活するので、途中でどこかに立ち寄らないと、食料調達も日用品の調達も出来ないんですよね。
なんだか、日本での生活からは考えられないけど、彼らにとってはこれが普通の生活。
港には多くの船が停泊していて、大勢の人達が食料を受け取っていました。

いよいよ、クルーともお別れの時がきました。
私達は夜の便でマーレ⇒コロンボ⇒成田と、来たルートを戻らなければなりません。

本当に1週間ありがとうございました!!
またいつかこの船に戻ってきたいな。

| | コメント (0)

2009/08/27

モルディブ 6日目

本日はダイビング最終日。今日はあまり天気がよろしくないです・・・sweat02
ちょうとモルディブは雨季で、それなりの雨を覚悟していったのですが、すごーく天気が良く、海況も落ち着いていて、今まではかなり良い思いができたダイビングでした。
先週のダイブサファリはどしゃぶりの雨が7日間ずっと続いていて、船も最悪に揺れっぱなしだったとの話なので、それを思えば、最終日だけの悪天候なんてかわいいもんです。

1本目:南アリ環礁 Kuda Rah Thila

Dsc01448   Dsc01455

最終日1本目のダイビングも大物続出です。
ロウニンアジ、カスミアジ、イソマグロ、クダゴンベ、ヨスジフエダイ、ヒメフエダイ、ヒラムシなど。イソマグロは大群でいっぱい見たせいか、またイソマグロなんて思ってしまうぐらい。
本当はこれはものすごい事なんですよね。初心を忘れずに・・・bleah

2本目:南マーレ環礁 Dhigu Thila

Dsc01446   Dsc01465

アリ環礁からマーレに戻ってきて、いよいよ最終ポイントで、かなり流れの速いドリフトダイビング。
雨も降ってきて、寒い・・・でも水温は28℃もあって暖かいのが救いですsun
ここは砂地あり、オーバーハングあり、ケーブありのいろいろと楽しめるポイントです。
ここでも、ロウニンアジいっぱい、カスミアジいっぱい、ハニーコンブモーレ、イソマグロ、ホワイトチップ、ムスジコショウダイ、モルディブアネモネフィッシュ、モルディブスポンジスネイルなど。

もう本当にモルディブでの15本のダイビングは、それぞれ海の顔が違って、飽きるポイントがなくて、すごく楽しかった~note
大満足。

冷えた身体をシャワーで温めて、シェフの作ってくれる美味しい料理を食べながら、夜ご飯までまったり。
それぞれログを書いたり、昼寝をしたり、本や漫画を読んだり、映画を見たり。

そして、いよいよ最終日のスペシャルディナーheart01

Dsc02772 ←ムーディーなテーブルセッティング

食べきれないぐらいの美味しい美味しい料理と、素敵な人たちとの出会い、そしてボートクルー達の気遣い。
ダイビングに来た旅行ですが、海の中だけではない思い出をたっくさんもらいました。
すべての人に感謝しています。

そして、毎晩楽しみにしていたシェフの刺身も今日が食べ納めweep

Dsc02700   Dsc02701

夜になると、停泊をするため、そこで皆で釣大会をしていました。
竿なんて使わずに、えさと糸だけで釣り上げては、「ささ~み、ささ~み」(さしみと言いたいらしい)という大きな掛け声が聞こえてきます。
それをまだ生きているうちに、さばいて刺身にしてくれるんです。
鮮度がむちゃくちゃ良いので、信じられないぐらい美味しいんですよね~。
刺身の食べられないゲストがいたのですが、その人が「生臭くなくて食べられる」と言っていたので、相当美味しいはず。

船の上でいただく釣りたて、さばきたてのお刺身は、ダイバーにはたまらないです。

| | コメント (0)

2009/08/26

モルディブ 5日目

本日も続けて、ジンベエサーチ。見たいよぉ~happy02

1本目:南アリ環礁 Didhoo Out

Dsc01397   Dsc01423

昨日の3本目と同じポイントですが、今日は逆方向からです。
ムレハタタテダイ、タイマイ、コガネシマアジの幼魚、ナポレオン、イーグルレイなど、今回もお魚いっぱいでした。
このポイントは結構楽しくて、好きだなぁ~happy01

2本目:南アリ環礁 Ali Beach Out

Dsc01436

出ました!!ジンベエがダイビング中に現れてくれました!!
前からフワ~っとエイが泳いでるなぁ~って思っていたら、なんと、その上にジンベエが悠々と泳いでいるではないですか!!
気がついた時にはすでに前にいた人たちからはジンベエは遠く、列の一番後ろにいた私がジンベエスイムの一番先頭となりましたhappy02

そこから最後の15分間は必死でフィンキック。ジンベエに追いつくために、こんなに必死で水中で泳いだことはないぐらい、口の中もからからになりながらも、諦めずがんばりました。
後ろにいた人たちは、水面に上がり、ボートに拾ってもらって、ジンベエの進路を先回りして、スノーケルにて飛び込んでいましたが、私、オットーさん、モルディブ人ガイド、もう一人のゲストの4人で、残りの空気を見ながら、泳ぎきりました。

水中で見るジンベエは、堂々としていて、泳ぎが優雅で、すごく素敵でした。
かっこよかった~lovely

下記の2つのリンクはオットーさん撮影のジンベエです。
ジンベエ1 ジンベエ2

3本目:南アリ環礁 Ali Beach Out

Dsc01440   Dsc01415

ジンベエ出現の興奮が冷めやらぬところですが、本日の3本目はまた先ほどと同じ場所。
うまく2度も同じ場所で連続でジンベエは出てくれませんでしたが、今回は、イソマグロ、オニダルマオコゼ、タイマイ、クロユリハゼなどが見られました。
念願のジンベエを見られて、やっと落ち着いてダイビングが出来た気がしましたdash

4本目:南アリ環礁 Ahangari Kan

Dsc01443   Dsc01444

本日の4本目は、巨大なナポレオン、シマハギの群れ、カスミアジの群れ、ホワイトチップ、ヒトヅラハリセンボン、ムスジコショウダイ、モルディブアネモネフィッシュなど、最後の最後まで今日は魚満載でダイビングを心ゆくまで楽しみましたheart04

今日のアフターダイビングのお楽しみは、漁村に立ち寄りscissors

Dsc02747_2

こういう一般の方の生活に触れることができるのは、リゾートにいてはできないことなので、非常に貴重な体験だと思います。
ラマダン中なので、6時15分に陽が落ちてからが、彼らの活動が開始すると言っても過言ではないぐらい。
私達が上陸した時には、まだ真っ暗で、お店もほとんど開いていなかったのに、しばらくすると、「私のお店に来て」「こっち、こっち」という感じで、どんどんお店に電気がついていきました。
ここで、ボートクルー達の石鹸や日用品を少し調達したり、お土産を買ったりして、私達は船へ戻りました。

さー、帰ったら夜ご飯ですrestaurant
今日はジンベエを見た祝杯の日なので、夕食中もその話で持ちきり。
いい食事タイムでした。なんか、ずーっと余韻が残っていて、いい気分ですup

そして・・・
なんと今日はオットーさんの誕生日当日birthday
スタッフの皆が、Tシャツに寄せ書きをしてくれて、ケーキも手作りしてくれましたshine
素敵な心がいっぱい詰まったサプライズバースデーで、一生の思い出になったねnote

Dsc02754   Dsc02756

| | コメント (2)

2009/08/25

モルディブ 4日目

今日からいよいよジンベエサーチ開始ですup
ダイビング中も、ガイドはジンベエサーチをし、船で次のポイントへ移動中でも上から横からサーチ、サーチ。
日本人の中では目の良い私でも、モルディブ人には、到底かないません。
彼らは5.0も6.0もあり、船の上から遠くのカツオが見えたりするらしい(私達にはさっぱり見えず。ただ海が広がっているだけ・・・)。

1本目:南アリ環礁 Dega Thila

Dsc01396   Dsc01402

ガイドさんがジンベエサーチをしている間、私達はのんびりダイビング。
マダラエイ、オオモンカエルアンコウ、イソマグロ、カスミアジ、ハダカハオコゼ、キンギョハナダイ、モルディビアンアネモネフィッシュなど、いろーんな魚を見ながら、楽しんでいました。
残念ながら、今回はダイビング中にはジンベエさんは現れてくれませんでした。

海から上がっても、いつジンベエが現れるか分からないので、いつでも船からスノーケルできるようにスタンバイ。

2本目:南アリ環礁 Ali Beach Out

Dsc01405   Dsc01406

今回もガイドが水中でジンベエサーチをしている間、私達は、ナンヨウブダイの群れやヨスジフエダイの群れを見ながら、のんびりダイビング。
のんびりしているつもりだけど、ジンベエがどこから現れるか分からないので、常にキョロキョロしている感じ。本当はもっとレアな魚がいたかもしれません・・・bleah

3本目:南アリ環礁 Didhoo Out

Dsc01410   Dsc01412

ここでも水中ジンベエサーチ続行中。
イーグルレイ、モルディブアネモネフィッシュ、ナポレオン、アカホシカニダマシ、タイマイなど、結構夢中になっていろいろな魚を見られて、楽しかった~。

今日は残念ながら、ジンベエは現れてくれませんでした。
ただ、何回もモルディブに通っても見られない人の方が多いというので、そう簡単には見られませんよね。
明日もまだサーチは続きますので、今日の綺麗な夕日にお願いしておきましょう。

Dsc02740

| | コメント (0)

2009/08/24

モルディブ 3日目

今日は、朝一番でハンマーアタック!
5時半過ぎ、やっと太陽が昇り始めたかなぁ~という時刻に1本目のダイビングです。

1本目:北アリ環礁 Rasdo

まだ海の中はさすがに暗い・・・。そして、何も見えない。。。sweat02
ハンマーヘッドは出てくれず、今回のダイブで見られたのは、サザナミトサカハギと夜光虫ぐらい。
ハンマーに会うのは、また次回の楽しみに取っておくことにします。

2本目:北アリ環礁 Hafzaa Thila

Dsc01369   Dsc01371

グレーリーフシャーク、ツバメウオ、ホワイトチップなどなど、魚がいっぱいで楽しい~。
朝の暗さとはうってかわって、海の中の青が綺麗ですnotes

3本目:北アリ環礁 Maagakan Thila

Dsc01316   Dsc01383

このポイントは、本当に流れが速すぎました・・・。
フィンキックをいくらがんばっても、進まなくて、疲れたけど、マダラタルミの幼魚とかホワイトチップとか、必死だったわりには、いろんな魚が見られて良かった~happy01

4本目:北アリ環礁 Fish Head

Dsc01385   Dsc01391

本日、最後のダイビングはFish Head。ここで魚を釣り上げても、船に揚げるまでにサメに食べられてしまい、頭しか残らないという言い伝えにより、このポイント名がつけられたそう。
サメだけじゃなくて、今回はロウニンアジ、イソマグロ、タイマイ、ウミウシの卵、ナポレオンのGeorge、など大物から小さいのまで、種類が豊富で楽しいポイントでしたnote

4本のダイビングを終えた後は、夕食。
今日は天気も良いので、無人島へ上陸し、皆でBBQです。

Dsc02723 ←スタッフ作成のジンベエ。

私達が4本目を潜っている間に、スタッフの皆様が砂でジンベエを作ってくれていました。
ちゃんと、ジンベエの白い斑点までつけてくれてるぅ~。
美味しい料理と、暖かいスタッフのハートheart04に感激でした。

いよいよ、明日からジンベエサーチが始まります。本物に会えるといいな。

| | コメント (0)

2009/08/23

モルディブ 2日目

今日からいよいよダイビング三昧の日々が始まります。
ただ、昨日到着したばかりなので、今日はちょっと遅めの集合で、8時集合。

朝、集合するとダイニングには軽食(クラッカー、バナナ、コーヒー、紅茶など)が用意されていて、少しお腹に入れます。

Dsc02684_2 ←ぶら下がっているバナナ。食べ放題です。

いよいよ潜るために、本船からダイビングドーニに乗り換えて出発です。

1本目:北マーレ環礁 Maagili Rock

Dsc01318   Dsc01322

記念すべきモルディブ1本目は、魚がいっぱいのポイント。
本当はBanana Reefの予定でしたが、海況があまり良くなかったので、こちらになりましたが、ここも十分楽しめるポイントでした。
クジャクベラ、シモフリタナバタウオ、シビレエイ、イレズミウミヘビ、ウミウシ、モンハナシャコなど。
海の中は28℃ぐらいで、気持ちが良く、のんびりダイビングで1本目に最適notes

ドーニに海でピックアップしてもらい、本船に戻って、朝食です。
この船のシェフは本当に料理が美味しくて、朝から何皿も食べきれないぐらい出てきました。しばらくのんびりと、ゴロゴロしてから次のポイントへ向けてブリーフィングhappy01

2本目:北マーレ環礁 Paradise Manta Point

Dsc02688_2マンタポイントというだけあって、マンタが見られることで一番人気のポイント。流れが速くてつかまっているのが大変だけど、潜ってすぐに、マンタが現れて、クリーニングステーションでぐるぐる回遊してくれました~heart04

動画はコチラ(撮影:オットーさん)↓

すごく綺麗で優雅なマンタで感動shine
今日はこの2本で終了です。明日は4本かな~。

ダイビングを終えた後は、船の上でインド洋に沈む夕日を見ながらビールbeer
穏やかな波の音のみが聞こえてくる中で、ボーッと過ごすアフターダイビングなんて、最高の贅沢ですscissors
明日も晴れますように。

Dsc02692

| | コメント (0)

2009/08/22

モルディブ 1日目

今日は一日かけて、モルディブのマーレまで移動ですairplane
セントレア→成田→コロンボ(スリランカ)→マーレ(モルディブ)→ドーニに乗ってこれからの宿泊場所の船へ。

今回、スリランカ航空を利用したのは、ダイビング器材は重量オーバーになっても無料で預けられるからと、セントレア-成田間の往復の飛行機代を負担してくれるからです。

ところで、モルディブというのは、インドの下の方、スリランカの南西にある1190を超える島々(ほとんどが無人島)からなる群島国家です。
外国人が立ち入ることができるのは、リゾートのある島とマーレのみで、後は管理局で許可がいるそう。
ただ、ダイブクルーズは別で、リゾート以外の環礁にも行けるらしいです。じゃないと、クルーズに入る意味がないですもんねhappy01

というわけで、マーレに着いたのは、現地時間の夜の9時過ぎ(時差-4時間)。
なが~い一日でした。

Dsc02678   Dsc02681

船に乗り込むと、ココナツジュースでお出迎えをしてくれましたnote
そして、私達が6泊することになる船内のキャビンは、2段ベッドになっていて、シーツがかわいく折ってあります。
しかも、各部屋には扇風機、エアコン、シャワー、トイレ、洗面所が完備されていて、コーヒー紅茶は飲み放題、水は1日に2本まで無料で提供してくれます。

リゾートみたいな華やかさは全くないけれど、ほとんど海の中かダイニングか共有スペースに居ることになるので、シャワーと睡眠さえ確保できればOKgood
そう考えると、なかなか快適そうです。

Dsc02698

これからお世話になるボートクルー達10人。
実は、ゲストは私達を含めて5人(うち、1人はこのクルーズの企画会社の人)で、あるショップの予約が全部キャンセルになったため、今回だけこんなに少ないのだそうです。
私達にとっては逆に最高です。少ないダイバーに、多くのスタッフ。贅沢です。

あいにく、今日からラマダンに突入・・・。
モルディブはイスラム教のため、太陽が沈むまで断食です。
たまたまシェフはネパール人なので、ラマダン関係なくて良かったのですが、モルディブ人のクルー(船長とか)は大変な期間になります。
7日間、どうぞよろしくお願いしますnotes

| | コメント (0)

2008/09/30

最後のレッスン

おそらく5年以上(いつ始めたのか覚えていないぐらい前・・・)続けてきた太鼓は、今日で一時中断。

石川県に旅行に行った時に御陣乗太鼓を見て感動し、東京に帰ってすぐに近くでやっている太鼓のクラスを探して入会したのが、私が太鼓を始めたきっかけです。
とても奥が深いものなのでまだまだ習得できていないし、たぶん完全に習得できることなんてないのかもしれないけれど、マメが痛くても、楽しいから続けてこれたのだと思います。

ただのお稽古事と言われればそれまでだけど、私としては、結構本気で取り組んでいたので、完全にやめるのではなく、一時中断する感じ。
また東京に戻ってきたり、ほかの所で機会があれば、そこからまた再スタートしたいと思います。

太鼓のクラスで出会った友達は、本当に面白いし、たまたま同年代が集まっていたのもあるのかもしれないけど、これからもずーっと変わらない関係でいて欲しいなぁ~と思います。

今までどうもありがとうございました!
クラスの皆様、これからも応援してますので、がんばってくださいねwink

| | コメント (3)

2008/09/28

エイサーも最後

エイサーも本日で最後のクラス。

今日は、基礎みっちりやったり、今までの曲の復習とか、次の曲を決めたり、結構盛りだくさんで、みんなヘトヘトぎみ・・・
最後は、疲れすぎて全然できなかったしweep

エイサーはどれぐらいやっていたのかな。。。たぶん、3年ぐらい?もっとかな?
誰に憧れてとか、この曲が踊りたくてとか、そういう想いは一切なく、「クラス入れば」という言葉に何となく流されて入ってしまったのですが、楽しかった~note

月1回、浅草へ通う楽しみは、エイサーもそうだけど、それと同等(それ以上の時も多々ありますが)の楽しみは、めいいっぱい踊った後に、友人と浅草もんじゃを食べて帰ることでした。
2人しかいないのに4人ぐらいで話してる勢いで話しまくって、飲んで食べて・・・
日曜の夜だったので、月曜からの仕事に向けて元気を蓄えていた時間でした。

新しい生活には新しい出会いもあることは分かっているし、それも楽しみなんだけど、でも、今、順番にいろんな場所にバイバイをしているところなので、そういう楽しかった事が一時的になくなってしまうのが、とっても寂しい。

今日は最後にもんじゃを食べようと話していたのに、混んでいて食べられなかったので、また浅草もんじゃを食べる口実に東京に来なくっちゃねwink

エイサーのクラスの皆さん、今までありがとうございました!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧