« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/19

親孝行な娘

※出産の時の備忘録です。スルーしてください。

●10月4日 オットーさんが国慶節休暇で一時帰国airplane

●10月5日 9月初めにお義姉さんに赤ちゃんが産まれたので、2人で会いに行く。
       その後、久しぶりに2人でディナーrestaurant

●10月6日 定期健診。オットーさんも初めてエコー室に入り、心音など聞かせてもらう。

実は、この健診時の内診で、先生に「もう子宮口6cm開いてるよ!!これでは家に帰せないので、緊急入院して!旦那さんを内診室に呼んで。説明するから!」と言われました。

子宮口6cm開いていると言われても、私は陣痛もお腹のハリも何もないし・・・sweat01
健診終わったら、オットーさんと買い物に出かける予定だったし。
言われた私の方がビックリeye

その日の午後から、陣痛室で自然に陣痛がやってくるのを待っていましたがが、いっこうに痛みを感じない。感じなさすぎて笑っちゃうぐらい。そして、子宮口は7cmへ。
オットーさんには、1人で買い物に行ってもらいました。

先生や助産師さん達には、「皆ここまでが結構辛いんだから、ラッキーだね」なんて言われ、確かにそうかもnoteと思いつつも、ただモニターをつけて本読んだりしている時間が退屈で仕方がないdown

●10月7日 陣痛促進剤投与。出産。

次の日、全然お腹も痛くならないので、陣痛促進剤を投与。
点滴で8時間ぐらいずーーーーーーっと入れ続けていると、急に「ズドン!!!」という衝撃が身体の中に走りました。
その次の瞬間から、「これが陣痛ってヤツかも・・・」と思うような激痛が腰とお腹にきました。

その時すでに1~2分間隔の陣痛wobbly 子宮口9cmオープン。
ものすごい痛みが急激に来て、しかも休憩する時間がないなんて、思ってもいなかったのですが、とりあえず一人で耐える私weep

助産師さんに言ってみてもらうと、「わぁ!お産が始まる!」と慌てた様子ですぐに分娩室の用意をし、車椅子にのって分娩台へ。

ものすごい痛かったのが、分娩台に上って「もういついきんでもいいよ!」と言われた瞬間、気持ちが楽になって、出そうとするパワーに変わるのを身をもって感じました。
もうあんまり痛みを感じる暇もなかったかなぁ~。

分娩室に行く瞬間にオットーさんに出産が始まる旨をメールしたので、外出先から来てくれました。まだまだ全然兆候がないなんて、少し前まで話していたのに、さぞかしビックリして飛んできてくれたのだと思います。

●10月7日 19時38分。予定日より10日早く、娘誕生shine

私は出血が多かったので、経過観察をしながらでしたが、産まれてすぐの我が娘を私の胸の上で、2時間カンガルーケアheart02
約3キロの命の重みと、これからの責任の重みを実感した瞬間でした。

オットーさんも途中から入ることができて、初の我が子と対面し、抱っこをさせてもらえました。
あの時のオットーさんの穏やかな笑顔が忘れられません。

オットーさんの一時帰国中に生まれるといいなぁとは思っていましたが、まさか本当にそうなるなんて、今回は奇跡としか言いようがありません。
オットーさんにちゃんと顔を見せてから、帰ってもらおうと思ったのかな。娘から最初のプレゼントを頂きました。
これから、この子のために2人で頑張っていこうねnote

1ヶ月健診が終わったら、パスポートとビザの手続きをして、ビザがおり次第、私達も中国へ行く予定です。
新しい土地で、3人での生活を楽しみにして、この寝不足になりがちな1ヶ月を乗り切るぞ~good

| | コメント (8)

2010/10/07

生まれました!

2010年10月7日 19時38分。

3085gの女の子が生まれました。

予定日よりも10日早い出産でしたが、元気に育っていました。
健診のエコーでもなかなか顔をはっきりとは見せてくれなかったけれど、やっとご対面することができました。
何とも言えない気持ちですheart04

初の我が子を抱いているオットーさんの笑顔はきっと一生忘れられないhappy01

| | コメント (0)

2010/10/01

秋です

Sn3j0118 ←拡大してみると見えるかな~?

早いもので今日から10月。

地獄のような酷暑も一段落して、やっと散歩が気持ちよくできる季節になりました。
夏は、散歩に出かけようにも暑すぎて、日中は夕食の買い物のみして一旦帰宅、陽が落ちてからしか歩きに行ってなかったなぁ~。

実家の近所にあるイチョウ並木には、銀杏の実。
昨日の雨で下に落ちてしまっているのもあったけれど、まだまだこれからが本番ですね。
臭いもなかなかだけど、この通りが真黄色に染まるのが楽しみnote

| | コメント (2)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »