« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

2009年大晦日

2009年の大晦日です。
今年は2日前まで旅行に行っていて、暑いところにいたので、日本の寒さが身に染みますが、まったく2009年の最終日だという気がしません。

大掃除も年賀状も、ちょこちょこと旅行前にやっていたので、特にすることもなく、洗濯機ばかり回しています。

今年は、愛知での生活にも慣れ、ちょうど1月から仕事も始めて、やっと今までと同じ普通の生活に戻りました。
これと言って大きな出来事もなかったけれど、元気に普通に過ごせたことが嬉しい。
また、友達もたくさんこちらに遊びに来てくれたし、私も東京に帰ると変わらずに遊んでくれることに幸せを感じます。

総括: 良い一年でしたhappy01

一言でいうと簡単だけど、良い一年だったと感じることが出来る今の環境に感謝しています。

さてと、これから、大晦日恒例のすき焼きを作ります。

来年もまたよろしくお願いいたします。
皆様も良いお年をお過ごしくださいsign03

| | コメント (0)

2009/12/29

南部アフリカ 7

12月29日。日本へ帰国しました。
さすがにアフリカまで行くと日本人も含めてアジア人率がガクッと減りますね。
今回ほとんど会わなかったなぁ~。

アフリカは、失業率が高いため、路上で生活している人が多く、スリや強盗なども多いし、治安も良いとは言えませんが、人々はエネルギッシュでフレンドリーで、とても気持ちが良かった。
私は今回の南部アフリカの旅行では、そういう悪い人達には会わず、暖かい人達ばかりに触れ合っていたのがラッキーだったのかもしれませんが、日本で思い描いていたアフリカとは全然違いました。

まだ南部しか回っていないし、アンゴラとの国境付近など、外務省の渡航規制が出ている場所もたくさんありますが、今回まわったところだったら住めるかもしれないなぁというのが素直な感想です。

貧しい中にも一生懸命生きている人達、人種差別を受けながらも人の痛みが分かり、歴史を伝えなければと必死でがんばっている人達。
そういう人の想いを感じて、もっとアフリカを知らないといけないと思いました。

アフリカ is アイオバhappy01good
(アイオバとは、アフリカーンスで、COOLという意味です)

Dsc00393 ←アフリカらしい配色のマグカップ買っちゃった。

| | コメント (0)

2009/12/28

南部アフリカ 6

12月27日夜。今日はアフリカ最後の夜です。

Dsc00372  Dsc00373  Dsc00377

ウォーターフロントにあるレストランで、夕日に染まるテーブルマウンテンを見ながら、夕食。
少し風が冷たくなってきたけど、最高に気持ちが良かったheart04
アフリカは料理がどれも美味しくて、かなり太ったけれど、旅行中は仕方がないかbleah

日が沈み、暗くなってから最後のケープタウンの夜景を見に、シグナルヒルへrvcar

Dsc00381  Dsc00383  Dsc00389

お昼に見た風景とはまるっきり違う夜の顔。
ケープタウンの夜景はものすごく綺麗で、「わーーー」しか言葉が出ないぐらい。
一番左の写真は、ライトアップされたW杯のスタジアムです。

さらに、この夜景に追加して、空を見上げると綺麗な星空が広がっていました。
南半球ならではの、南十字星も見ることが出来て、本当にラッキーとしか言いようがありません。
最高の夜になりましたshine

12月28日。アフリカを離れる日です。

Dsc00391   Dsc00392

フライトまで時間があったので、街をプラプラと歩いてみました。
いろんな道路や広場にマーケットが出ていて、何だか楽しいnotes
さすがに写真を堂々と撮る事はあまり奨励されていなさそうなので、こっそりと。

あぁ。本当にアフリカ最後なんだなweep
ケープタウンの空港へ向かい、また24時間ちょっとの長距離移動ですairplane

| | コメント (0)

2009/12/27

南部アフリカ 5

12月27日。今日は市内を回り、テーブルマウンテンに登ります。

朝、9時頃にテーブルマウンテンに行ってみると、残念ながら山の上には雲がかかっていたので景色があまり良く見えないかもしれないと思い、後回しにすることにしました。

Dsc00297  Dsc00301  Dsc00303

一番左の写真は、ライオンズヘッドと呼ばれる丘で、ライオンが横たわっているように見えるらしい(あんまりよく分からないけど・・・)。
その隣にあるライオンズランプは、平日の正午に大砲を鳴らすので、シグナルヒルとも呼ばれています。この大砲を鳴らすのは今では歴史的習慣ですが、昔は船が入ってきたらその合図に大砲を鳴らしていたそうです。

一番右の写真は、シグナルヒルから見たケープタウンの2010年W杯開催スタジアムです。
名前は「グリーン・ポイント・スタジアム」といい、約7万人収容可能で、もうすでに完成しているようです。
新築の綺麗なスタジアムsoccer ここで試合が行われるんですねっupup

Dsc00298 ←拡大しないと見えにくいかも・・・

上の写真は、ロベン島です。
ここはアパルトヘイト時代に、主に政治犯が収容されていた黒人専用の刑務所がある島で、ネルソン・マンデラ氏も収容されていました。
アパルトヘイト政策の撤廃法案が成立されたのは1991年。ほんの少し前の話です。
南アフリカに住んでいるほとんどの人は、このアパルトヘイトによる人種差別を体験し、実際に学校も就ける職業も住む場所も、何もかも制限された生活をしてきました。
有色人種の中でも、中国人はカラード、日本人はホワイトとして扱われていたそうです。
1991年というと、私が中学生の時。そんな時にまだこんな制度が存在していたなんて、本当に信じられないとしか言いようがありません。

次に向かったのは、今も古い建物が残っていて重要文化財に指定されているマレー人の居住区。

Dsc00309

なぜこんなにカラフルな色を使っているのか。
昔、マレー人の多くは奴隷として南アフリカに連れてこられ、ここで働いていました。奴隷には、歌を歌うことも、カラフルな色の洋服を着ることも許されず、人間としては扱われない時代でした。
その後、奴隷が開放されると、彼らは今まで抑圧されていた分、「私達はここで人間として生きている」という主張をこめて、家をカラフルにし、様々な色が入った洋服を着て、歌を歌ったそうです。
ものすごく道の幅が狭くて、急な坂道に建てられた家は、歴史の重みを感じます。

空の雲もなくなり、テーブルマウンテンが綺麗に見えてきました!
いよいよ上に登ってみることにしました。

Dsc00328_2  Dsc00331

右の写真を見ると分かりますが、テーブルマウンテンに登るのは長蛇の列。
この列は、ロープウェイのチケットを購入するための列です。購入したら、今度はロープウェイに乗るために並びます。暑い中、大変ですsweat02

ここのロープウェイは、足元がぐるぐると回転するんです。
上に到達するまでに1周するので、どの場所にいても、360度の景色が見られるようになっていて、よく考えられてるな~という感じ。

Dsc00357_2  Dsc00344  Dsc00359

テーブルマウンテンの頂上は本当に平らで、眺めは素晴らしいheart04
ケープタウンの市街、ウォーターフロント、テーブル湾、ライオンズ・ヘッドなど、本当に至るところが一望できる場所です。
岩盤の上を景色を見ながらプラプラ歩いていると、あっという間に1時間経ってしまいました。ちょっとしたハイキング気分ですね。

午後はランチを取るために、ウォーターフロントへ。

Dsc00367

天気も良くて、ちょっと暑いぐらいだけど、海を見ながらオープンテラスで食べるランチは最高ですgood
ここは、もはやアフリカではありません。完全にアフリカに居ることを忘れてしまうぐらいの欧米人の数。。。

Dsc00369   Dsc00370

ランチの後、ウォーターフロントにあるスーパーへ行ってみました。
ここは普通のスーパーですが、こういう所が楽しいんですよね~happy01
旅行へ行くと、現地のスーパーへ行くのが好きなんです。カラフルな野菜や果物がたくさんあって、量も多くて、ワクワクします。
アフリカでしか取れないと言われるルイボスティーを買ったり、ワインを見てみたり、なんだかんだと時間が経つのが早いbleah

| | コメント (0)

2009/12/26

南部アフリカ 4

12月26日。今日はケープ半島観光ですrvcar 
海岸沿いをドライブして、目指すは喜望峰sign03

途中、クリフトン・ビーチへ立ち寄りました。綺麗な景色です。

Dsc00232

ここは有名なリゾートで、クリスマス休暇の欧米人達や、現地の人達がビーチでのんびりしたり、ジョギングをしたり、それぞれの休みを楽しんでいました。
かなり風が強かったんだけど、水着着ている人が多くて、ビックリです。

さらに途中で、オットセイが生息しているドイカー島へ船で渡りました。

Dsc00243   Dsc00241

この辺はハウトベイと呼ばれ、ハウトというのはオランダ語で「木」という意味だそうです。
ドイカー島にはさすがに上陸できませんが、船が周囲をゆっくり回ってくれるので、存分にオットセイを観察できます。
独特の匂いがしてきたなぁ~と思っていたら、突然、オットセイ達が日向ぼっこしたり、海で遊んだりしていて、その姿に見入ってしまいました。

Dsc00234 ←露店のお兄さん。売り物が壊れたから接着剤で・・・coldsweats02

ここからさらにさらに車で進むと、見えてきました!!
喜望峰自然保護区。ここも広大な保護区だったんですね。

Dsc00253 ←有名な喜望峰の看板flair 

喜望峰はアフリカ大陸の最南西端であり、最南端ではないんです。
最南端はケープアグラスで、そこで大西洋とインド洋とぶつかるので、喜望峰自体は大西洋に囲まれています。
喜望峰が2つの海のぶつかる所だと思っていましたが、まだまだ先があったんですね。

Dsc00262   Dsc00263

保護区内の道路の終点からは、ルックアウトポイントという灯台までケーブルカーで登ります。

ここでトラブル発生typhoon
ケーブルカーの往復チケットを購入後、ランチをしていた私達。
チケットをなくさないようにとデジカメと一緒に出して置いていました。
ランチが終わり、いよいよ上を目指そうとした時、デジカメはあるのにチケットがないsweat02
テーブルに置いたまま、お店を出てきてしまったのです。
急いで戻ったのですが、店内は混んでいて待っている人が大勢いたので、もちろん次の人達が席に座っていて、チケットはありませんでした。
ダメもとで、チケットを買ったんだけどテーブルに忘れたので戻ってきたらなくなってた、とお店の人に言ってみたところ・・・

なんと、ケーブルカーの人に掛け合ってくれて、チケットなしで乗せてくれました。
ちゃんと上にいる係りの人にも言っておいてくれて、帰りも問題なしで降りてくることができました。
なんていい人達なんだ~~crying 完全に私達のミスなのに、片付ける時に気がつかなかったからごめんなんて言ってくれて、涙が出そうになった。 

Dsc00259 ←今となっては幻のケーブルカーのチケットticket

素晴らしい人達との出会いのあと、ケープタウンへ戻る途中にボルダーズ・ビーチへ立ち寄り。
ここはアフリカンペンギン(ケープペンギン)が生息する島ですpenguin

Dsc00271   Dsc00273

アフリカにしか生息しないアフリカンペンギンは、人をあまり怖がっていないみたいで、ちょこちょこと歩く姿がかわいい。
鳥から卵を守るために横になったり、木の陰に隠れたりしているペンギンが多かったので、あんまり動きはなかったけれど、水族館で見るペンギンとは違い、これが自然の姿なんですよね。

最後に訪れたのは、カーステンボッシュ植物園clover

Dsc00287   Dsc00288

かなり本格的な植物園。
22,000種類ある南アフリカの植物のうち、9000種類はここで栽培、研究されているそうです。
自然に近い形でそれぞれの植物を見せてくれる大きな大きな植物園で、すっごく気持ちよかったhappy01
家族で、ピクニックに来ていて、のんびり本を読んだり、団欒を楽しんだりしている人たちがたくさんいました。素敵な場所でした。

夜、行きたいレストランがあったのですが、ホリデーのため休みだったり、どこも満席で予約が取れなかったり・・・
ホテルの人に聞いてみましたが、その人も見つからず、友達にまで電話して探してくれました。
そこで連れて行ってくれたのが、「Cafe Jinja」というバー&レストラン。

Dsc00293  Dsc00292  Dsc00294

アフリカ料理が食べたいという私達の希望通り、普段アフリカの人が普通に食べている料理を頼みました。
南アフリカのワインと、牛肉の煮込み、ビーンズ、粉を固めたものなどなど。
私達は注文していませんが、オーナーが「アフリカの食べ物をいろいろと試して食べて欲しいから、これも食べてみて!!」と持ってきてくれたり、ワインもかなり大きなグラスになみなみと注いでくれたり、サービス満点good

今日は良い人達に触れ、素晴らしい日を送ることができました。
ホリデーのため、道路を封鎖してパーティーが行われていて、今日は出歩いても危なくないって、現地の人が言ってましたwink

Dsc00295 ←綺麗なイルミネーションshine

| | コメント (0)

2009/12/25

南部アフリカ 3

12月25日。メリークリスマスxmas
今日はビクトリアの滝をジンバブエ側から見て、南アフリカのケープタウンへ入ります。

ビクトリアの滝へ行く途中、バオバブの木を発見。

Dsc00203

大きなバオバブの木は生命力に満ちていて、見ているだけで圧倒されます。
パワーをいっぱいもらえた気がしました。

ビクトリアの滝は、イギリス人探検家リビングストンによって発見され、イギリス女王の名前をとり「ビクトリアフォールズ」と名づけられました。現地語では「モシ・オア・トゥンヤ」といい、「雷鳴の轟く水煙」というそうです。

Dsc00217   Dsc00222

ジンバブエ側から見る滝は、本当に現地語の名前の通り、まさに雷鳴の轟く水煙でした。
ザンビア側からも相当濡れましたが、こっち側は比にならないぐらいびちょびちょsweat01
今は雨季ですが、乾季の後なので水量は少ないようですが・・・そんなの信じられない!!
どこにでもダブルレインボーが出ていて、水煙で奥の滝が見えなくなるほど。
圧巻ですflair 遠くまで来てよかった~。
ここは、滝の水が周りの木々を潤すので、熱帯雨林のように素晴らしく青々としていていました。

ジンバブエとはお別れをして、南アフリカへ入国します。
ケープタウンへ行く前にヨハネスブルグで乗り換え。
南アフリカは2010年サッカーワールドカップの開催地なので、至るところで垣間見れます。

Dsc00226 ←ヨハネスブルグの空港の出口。

広い広い綺麗な空港で、ビックリしました。都会です。

Dsc00227

この空港を経由してケープタウンへ入りました。明日からはケープタウンを少し観光しますeye

おまけ:

Dsc00376 ←ジンバブエドル。

経済が急激に悪化しているジンバブエでハイパーインフレにより、すごい金額のお札が発行されています。
上の写真をクリックして大きくして、ゼロの数を数えてみてください。
なんと、200億ジンバブエドルと、500億ジンバブエドルですsign03

| | コメント (0)

2009/12/24

南部アフリカ 2

12月24日。快晴。クリスマスイブですbell
今日はボツワナのチョベ国立公園で、ボートサファリと、ゲームドライブ。
ジンバブエのホテルから車で1時間ぐらいで、ボツワナとの国境に到着です。

チョベは、ボツワナ北部にある7万頭以上のアフリカゾウが生息する国立公園です。

Dsc00106 ←今日一緒に行動をするジンバブエ人の方達。

Dsc00109 ←コーラもワールドカップ仕様になっていました。

Dsc00113 ←ボートサファリが始まってすぐ、カバの大群eye

Dsc00123 ←360℃、見渡す限り広がるのどかな景色。

Dsc00125 ←トカゲも大きい!!

Dsc00129 ←砂に顔をうずめてお昼寝中のワニ。

Dsc00144 ←ナミビアの国の漁師。魚を売りに来ました。

他にも、ゾウの大群、インパラの大群、バッファローの群れなど見られましたが、基本的にはのんびりとリバークルーズをしている感じ。
天気もいいし、風が心地よくて、オットーさんは途中で気持ち良さそうにお昼寝してたし、3時間たっぷりと堪能しましたup

Dsc00155

お昼はボツワナのビールで乾杯beer
あっさりしすぎていて、アルコールが入ってる?と思うほど。水みたいに飲めるビールです。お昼も美味しかったし、OKgood

午後は、ジープに乗ってゲームドライブへrvcar

Dsc00184 ←私達の乗っていたジープ。ドアも何もなしです。

Dsc00161  Dsc00175 Dsc00173

ここでもバッファローの群れ、ゾウの群れ、イボイノシシの親子、インパラ、キリン、クドゥ、アンテロープ、ハゲタカ、フンコロガシ、ヒヒ、眠っているライオンなどなど・・・
本当にたくさんの動物達が普通に野生で生息していました。

ライオンの危険を偵察しているゾウ、それを知らせるゾウの鳴き声、ライオンが襲った死骸を木の上から狙っているハゲタカ、耳でいろいろな音を聞いて逃げる準備をしているインパラやアンテロープ、悠々と森の中を徘徊しているキリン。

そこには彼らのいつも通りの生活の営みがあります。
国立公園内である程度守られているとはいえ、自然の形でそれらを見るのは、とても良い経験になりました。

夜は子供達が歌うクリスマスソングを聞きながら、野外でご飯restaurant

Dsc00200   Dsc00202 

本日の夜は私はクドゥのお肉、オットーさんはイボイノシシのお肉をいただきました。
今見てきたばかりで、食べるのは少し気が引けましたが、郷に入れば郷に従えということで、アフリカの人たちが出してくれる食事をいただくのが礼儀ですよね。
味は・・・どちらも焼きすぎなのか・・・硬い・・・。
クリスマスのスペシャルディナーでターキーも頂きましたが、これは柔らかくて美味しかったheart04

| | コメント (0)

2009/12/23

南部アフリカ 1

12月22日。
今日は南部アフリカ(南アフリカ、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナ)へ向けて、長距離飛行機移動ですairplane

Dsc00038   Dsc00039

セントレア(日本)→香港(香港)→ヨハネスグルグ(南ア)→ビクトリアフォールズ(ジンバブエ)まで、24時間以上の長丁場。
初めての南アフリカ航空は、席も広めだし、食事も美味しかったし、かなり良かったです。また機会があれば乗りたいな。

Dsc00045

12月23日。
お昼過ぎにジンバブエのビクトリアフォールズの空港へ到着。
南半球は夏なので、天気は最高sun 暑い・・・sweat01
機内で入国カードが配られず、空港の入国審査のテーブル(ほぼ外と同じ)で記入。
入国審査時にビザ代を払います。私達はジンバブエから違う国へ入出国があるのでダブルビザを購入しましたmemo

私達の宿泊ホテルは「A'ZAMBEZI RIVER LODGE」。

Dsc00082   Dsc00083

国立公園内にあるので、普通に動物が歩いているし、ザンベジ川のほとりにあり、中庭にはプールもあったりで、のんびりとしたなかなか良いところです。

ビクトリアの滝は世界三大瀑布(ビクトリア/ジンバブエ・ザンビア、イグアス/ブラジル・アルゼンチン、ナイアガラ/アメリカ・カナダ)の1つです。
今日の午後は、ザンビア側から滝を見ます。

Dsc00049   Dsc00052 ←ザンビアとの国境

ザンビアとの国境でビザの手続きをします。
その間、クリスマスホリデーに向けて、多くの人が移動していました。アフリカらしく女性は頭に荷物を乗せて、かなり重そうなものを運んでいました。

Dsc00058   Dsc00067

ゴーゴーという滝の音と、水の匂いをかぎながら歩いて行くと、この景色がパーッと広がります。
虹が綺麗にかかっていて、優雅な感じで写真を撮っているように感じますが・・・
実際は、滝のしぶきがすごくて、頭からびちょびちょ、カメラもタオルで守りながらの撮影。
それでも、景色はやっぱり豪快で、力強くて、素晴らしいです。

穏やかなザンベジ川からこんな風になるなんて、信じられません!!

Dsc00076   Dsc00077

ザンビアからジンバブエに帰ってきて、夕食まで少し時間があったので、中庭でフレッシュジュースを飲みながら、ザンベジ川を見ながら、のんびりnotes
こういう時間っていいですね。

夜は、外で生のアフリカの音楽を聞きながらご飯restaurant
雰囲気がすごく良くて、料理も美味しくて(イギリス統治だったため、西洋料理が多い)、満足。満足。

Dsc00088   Dsc00085

おなかもいっぱいになったところで、久しぶりに足を伸ばして身体を横にして眠れるのが嬉しいな。
明日は、チョベ国立公園(ボツワナ)でサファリ体験です。

| | コメント (0)

2009/12/21

新デジカメ

Sn3j0101

明日から8日間で南部アフリカへ行ってきます!

それに合わせて、デジカメを新しくしました。コチラです。
今までの機能に、スイングパノラマがプラスされているので、アフリカの大地の広さを撮って来たいと思いますup

初めてのアフリカ大陸上陸。楽しみですshine

| | コメント (0)

2009/12/20

幸せいっぱい♪

Sn3j0100

またまた東京へbullettrain
今日は日帰りのため、朝9時ぐらいの新幹線です。
車内から、綺麗に富士山が見えました。何だか縁起が良いhappy01

お昼ぐらいから、夏に女の子が生まれた友人のお家へ、共通の友人と、そのダンナ様と、1週間違いぐらいで生まれた男の子と4人でお邪魔しました。

赤ちゃん2人とも愛想が良くて、終始ニコニコhappy01
子供が2人もいるとは思えないほど、おとなしくて、誰に抱っこされてもぐずらないし、可愛いぃぃぃheart04

すっかり2人ともママ業をこなしていて、素晴らしい。
忙しいのにお昼ご飯まで用意してくれて、本当にありがとう!!
楽しい時間でした。また時間を見つけて遊びに行くねnote

その後、そのまま友人と渋谷へ移動train(だんな様とお子様はお留守番)
今度はまた別の友人の結婚のお祝いで、総勢10名で集まりです。

久しぶりに皆で集まったけれど、いつでも変わらない雰囲気にホッとします。
高校の時には結婚の話とか、子供の話とか、そういう話をするなんて想像できなかったな。
根底は変わらないけど、年齢とともに相応になってきてるのかな。
幸せそうな友達の顔が印象的で、これを見られただけでも、日帰りで東京に行った甲斐がありました。

今日1日、高校の同級生に会って、素敵な時間を頂きました。
ありがとう~sign03また、東京に帰った時は遊んでねっ。

| | コメント (0)

2009/12/16

しるこサンド

Sn3j0096

衝撃的なネーミングの「しるこサンド」。

ビスケットの中に何だか薄く茶色いものが挟まっているので、おそらくこれがおしるこ部分だと思われますが、おしるこの味は全然しません。
でも、ビスケット部分は美味しいnote

会社の愛知県民の方達は、小さい頃から食べていたので懐かしいみたいです。
さすが、あんこ大好きな地区なだけあって、こういうお菓子があるんですね。

紅茶や牛乳と一緒に食べると、すごくいいんじゃないかなっ。
何枚か食べてると、クセになる味です。

ただ、スーパーで売っているのを見たことがないんだけどな。
どこに売ってるんだろ。

| | コメント (0)

2009/12/12

鉄板鍋で忘年会

Sn3j0097

本日は東京での予定を午前中から着々とこなし、夜は友人と3人で忘年会beer
お店は「一蓮」で、鉄板鍋という初耳の鍋を予約してくれました。

これがものすごーく美味しい!!
だしもしっかりしているし、秘伝のつけダレも美味しいし、野菜もたっくさん食べられるし、最高good

食べ物も美味しいし、お酒も入るし、話も弾む弾むhappy01
毎回のことだけど、今回も大笑いしっぱなしで、会話が止まらない。
あぁ~、久しぶりにこんなに笑った気がします。

1年の終わりに、仲間と笑って過ごして、いい時間でしたheart04

| | コメント (0)

2009/12/04

ベトコンラーメン

Sn3j0091

ベトコンラーメンで有名なこよしへ行ってきました。

ベトコンラーメンとは、ベストコンディションラーメンのことです。
にんにくのきいたラーメンで、身体のコンディションが良くなるという意味らしいです。

ここのベトコンラーメンは、あっさりしていて、にんんくがあんまり入ってないのかな??
個人的には、家の近所にある「末広」のベトコンラーメンの方が、野菜もたっぷり入っていて、身体もあたたまって、味も美味しいと思うな~。
(オットーさんも同意見)

| | コメント (0)

2009/12/01

忘年会☆

Sn3j0092   Sn3j0093

本日は、愛知県での忘年会の予定の少ない私のために、会社のおじ様達がお食事に連れて行ってくれましたrestaurant
12月に入って早々の忘年会です。

お店は、名古屋駅のすぐ近くにある「鉄板懐石 宴」。

全部で7部屋しかなくて、しかも全室個室。夜は懐石のコースしかないようです。

私がメインに選んだのは、寒鰤の照り焼き(写真左)とイベリコ豚の岩塩焼き(写真右)です。
寒鰤は、脂がのっていて、信じられないぐらい美味しかったし、岩塩で食べるイベリコ豚もたまらないhappy02
その他にも、先付けやご飯、デザートなど、ほとんどのものが選べるようになっているので、自分の好きな食べ物でコース料理を設定できるようになっています。

ここは、デート、記念日、接待、何でも使えるので、オススメですhappy01

社内のおじ様達には本当にかわいがってもらっていて、私の方が感謝をしなくてはいけないのに、今日のような忘年会まで開いていただいて。
優しいおじ様達に感謝shine
明日から、さらにご奉公しますので、また次回の新年会もよろしくsmile

| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »