« 海南鶏飯 | トップページ | 女の勲章 »

2008/06/21

見えない部分に

今日は、前々からマンションのそれぞれのお家の配水管(台所、洗面所、洗濯機置き場、お風呂の4箇所)の清掃があるので、必ず家にいてください、というお知らせをもらっていました。

1部屋正味10分程度なのに、そのためにいつ来るか分からないから家にずっといなくてはいけないなんて、面倒くさい・・・と正直思っていました。
(1~5階は午前中。6階より上は午後と決められていました。)

順調にいけば大体これぐらいの時間に来るなぁ~というのを予想していて、実際、その通りに来たので、結果的にはたいした面倒ではなかったのですが、掃除後の結果は予想外

一応、水回りは匂いも出てくるし、詰まると後が大変なことになるので、こまめに掃除をしているつもりでした。
見た目にもそこまで汚くないし、まだ水もつるつると流れていくし、何もないだろうと確信していました。
もしかしたら、「綺麗にしてますねっ」なんて褒めらちゃうかなとさえ、少し思ったぐらい。

作業に来てくれたおじさんから言われた言葉。
「髪の毛などがありましたので避けておきましたから後で捨ててくださいね。」

私の中では、あるわけのない髪の毛なのです。だって掃除していて髪の毛も取っているから。
そこを見に行くと、「ひゃ~こんなにあるの」というぐらいのゴミがありました・・・

どんなに綺麗にしていても、見えないところにも、ゴミって溜まるものなのですね。
ゴミをまの当たりにすると、やっぱり共益費を払っていて良かった~と心から思ってしまいました。

自分では確実に取れない部分に溜まっているゴミは、専門業者にとってもらわなければ知らないままでした。
褒められるかもなんてちょっとでも思った自分が恥ずかしい~

業者のおじ様、どうもありがとうございました。また2年間、安心して過ごせます。

|

« 海南鶏飯 | トップページ | 女の勲章 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海南鶏飯 | トップページ | 女の勲章 »