« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008/06/30

ザ・マジックアワー

三谷幸喜さんの最新作、「ザ・マジックアワー」を見てきました。

面白い・・・とにかく笑いっぱなしでしたhappy01
笑いのツボをずっと押され続けているのですが、たまにホロッとしたシーンがあるのに、それでもやっぱりこうくるのかぁ~とまたツボを押されるのです。

登場人物全員が愛すべきキャラクター。
悪役のはずなのに、お茶目で抱きしめたくなる感じnotes

ストーリーも、綿密に練られた台詞と、俳優さん達の表情で、もうやられっぱなしです。
とにかくすべてが無駄なようで、無駄がない。
無意味なようで、とても意味があり、深い。そんな映画でした。

そして、今回もまた「えっ!こんなところにこんな人が!!!」という感じで、有名な俳優さん達がゴロゴロとワンシーンだけの出演をしています。
見逃さないように画面をしっかりと見ておかないと、「あれ?」と思うぐらいしか写らない人もいますからねっ。

三谷さんは、普段、いったい何を考えて生活しているのでしょう~。
こういう面白いことをずっと考えたりしてるのかな。本当にすごい。

私もいつか来るであろう私の「マジックアワー」とじっくりと待ちたいと思いますup

| | コメント (2)

2008/06/27

豆乳ラーメン

Dsc01200

私が最近、ちょっとはまっているのは、豆乳ラーメン。

豆乳だけではなく、水と豆乳を3:2の割合でスープにします。
冷蔵庫の中にある野菜も何でもいっぱい入れて、コンソメと一緒にぐつぐつ煮込んでみました。
あんまり早く豆乳を入れてしまうと、膜がはってしまうので、野菜を煮たお湯(コンソメ入り)の中に、麺投入と同じぐらいに入れるのが良いと思います。

私は、生麺を使っていますが、インスタントの麺だけを使用してもokだと思います。

水:豆乳 = 3:2だと、人によっては思ったよりも濃厚に感じるかもしれないので、そこは好みに調節して、塩などで味を整えてもらえれば大丈夫なはずです。
割合を変えて試したことはないですが・・・大丈夫じゃないかな(笑)

野菜をたっぷり摂取できて、豆乳で煮込んだスープなので、変な素材を使っていないから、安心して飲めます。
さらには、ヘルシーで美味しいから、オススメですnote

| | コメント (4)

2008/06/24

女の勲章

女の勲章(上・下)  山崎豊子 / 新潮文庫

私は山崎豊子さんの作品が好きでよく読んでいます。しばらく読んでいませんでしたが、久しぶりに復活です。
彼女の作品は、綿密な取材による事実関係が細かい描写で描かれていて、さらに人間のいい部分も汚い部分も包み隠さず描かれているので、登場人物がとても個性を持って魅力的に描かれるのです。

戦後の船場出身のお嬢様である主人公が、服飾デザイナーの頂点にのぼりつめるのですが、その中で男女のドロドロとした関係、女同士の欺瞞や嫉妬、マネージャーの男との駆け引きなどの中に埋もれ、もがき苦しんでいた。
その時、やっと女の幸せと心の安らぎを知った彼女は、すべての事を清算しようとするが、どつぼにはまっていて・・・という話。

デザイナーという特殊な世界にいるからではなく、女同士の嫉妬や男女関係のもつれは、どこの世界にもあることだと思いますが、それを分かった上で読んでも、もう胸が痛くなるというか、皆自分の利益を守るのに必死だということがひしひしと伝わってきて、切なくなります。

信頼していた弟子だって、腹の中では何を考えているのか分からず、いつ裏切られるか分からない現実。
彼女のためだと言って、学校を大きくすること、デザイナーとして有名にしてくれるために精力的に駆けずり回ってくれたのにもかかわらず、すべては自分の商才を試したいだけだったという現実。
初めて彼女が愛する人に出会い、心から安心できる場所を見つけ、2人で幸せな再出発をするはずだったのに、結局、その人は自分の保身に走ったという現実。

すべては、彼女の虚栄心が招いた結果ではあるけれども、ラストは、何とも言えない虚無感というか、救われない・・・

題名にもなっている「女の勲章」って何なのでしょう。
この物語の中から、私が納得する勲章を探すのは困難でした。
本当に、何が女の勲章なんだろう。

私は基本的に、主人公の彼女のように男性にべっとりと寄りかかったり、すがったりするのは得意ではないし、好きではないので、彼女の考えが甘いと読みながらずーっと思っていました。
だから、実は彼女にはあまり同情できないのです。
人間関係がドロドロすぎて、読み終わった後、どっと疲れが出ました・・・。

ただ、複雑に絡みあう話ではありますが、早くページをめくりたくなるほどスリリングな展開を、分かりやすく、話の中に読者を引き込んでしまう表現力は、さすがです!

| | コメント (0)

2008/06/21

見えない部分に

今日は、前々からマンションのそれぞれのお家の配水管(台所、洗面所、洗濯機置き場、お風呂の4箇所)の清掃があるので、必ず家にいてください、というお知らせをもらっていました。

1部屋正味10分程度なのに、そのためにいつ来るか分からないから家にずっといなくてはいけないなんて、面倒くさい・・・と正直思っていました。
(1~5階は午前中。6階より上は午後と決められていました。)

順調にいけば大体これぐらいの時間に来るなぁ~というのを予想していて、実際、その通りに来たので、結果的にはたいした面倒ではなかったのですが、掃除後の結果は予想外shock

一応、水回りは匂いも出てくるし、詰まると後が大変なことになるので、こまめに掃除をしているつもりでした。
見た目にもそこまで汚くないし、まだ水もつるつると流れていくし、何もないだろうと確信していました。
もしかしたら、「綺麗にしてますねっ」なんて褒めらちゃうかなとさえ、少し思ったぐらい。

作業に来てくれたおじさんから言われた言葉。
「髪の毛などがありましたので避けておきましたから後で捨ててくださいね。」

私の中では、あるわけのない髪の毛なのです。だって掃除していて髪の毛も取っているから。
そこを見に行くと、「ひゃ~sign03こんなにあるのsign02」というぐらいのゴミがありました・・・sweat01

どんなに綺麗にしていても、見えないところにも、ゴミって溜まるものなのですね。
ゴミをまの当たりにすると、やっぱり共益費を払っていて良かった~と心から思ってしまいました。

自分では確実に取れない部分に溜まっているゴミは、専門業者にとってもらわなければ知らないままでした。
褒められるかもなんてちょっとでも思った自分が恥ずかしい~wobbly

業者のおじ様、どうもありがとうございました。また2年間、安心して過ごせます。

| | コメント (0)

2008/06/18

海南鶏飯

Dsc01452

海南鶏飯。ハイナンチキンライスです。

オットーさんがシンガポールに出張に行くたびに食べているというこのチキンライス。
チキンライスと言えば、ケチャップ味のしか食べたことのない私は食べてみたくて仕方がなかったのですが、シンガポールへ行く機会がないので、家で作ってみました。

水に生姜・にんにくのみじん切りとねぎの緑の部分を入れて沸騰させ、火を止めてから鶏もも肉を入れて、ふたをしてそのまま1時間以上。じっくりと火を通していきます。
私は愛用のルクちゃんを使用しましたscissors

そして、その鶏をゆでた後のチキンスープと生姜・にんにく(これもゆで汁から全部出して)でご飯を普通に炊くので、とにかく味がついていて、いい感じです。
スープが余ると思うので、これも、もちろん有効活用します。
さっきのねぎの白い部分をみじん切りにしてスープの中に入れ、ちょっと塩コショウで味をととのえれば、美味しいチキンスープの出来上がりです。

チキンやご飯を食べるソースは、今回は、醤油とごま油ベースのものしか面倒で作りませんでしたが、チリソースとか、レモンソースとか、いろいろと味を変えたものを作っても楽しいと思います。

休日のブランチにちょうど良いかもしれませんね。
暑い季節には、ちょっとした南国気分ワンプレートランチになりそうですnote

| | コメント (7)

2008/06/16

副都心線開通

Dsc01457   Dsc01459

6月14日に開通したばっかりの地下鉄、副都心線。
この線が開通した事により、我が家はもう一つ最寄駅ができましたscissors

オットーさんは、開通当日に乗って、写真も送ってくれたのですが、やっぱり自分でも乗ってみたい・・・。

昨日は、せっかく渋谷に出たので、帰りは副都心線に乗ってみました。

何も考えずに、来た電車に乗った私。
最寄駅まで○個だなぁ~と数えていたのですが、気づいた時には時すでに遅し。
降りなければならない駅を通りすぎていました。

一瞬???だったけれども、よく見たら、急行に乗ってしまったのです。
最寄駅は各停のみ停車・・・
地下鉄で急行があるなんて思ってもみなかったけれども、副都心線はあるんですね。

そんな事があったため、今まで通りの電車で帰った方がはるかに到着は早かったけれど、開通2日目の綺麗な電車に乗って、ちょっとミーハー気分でしたnotes

今日は開通後初めての平日運行で、ずいぶん遅延していたようですね。
他の乗り入れしている電車との接続がうまくいかなったみたいで・・・不慣れだからって言っていましたが、車の渋滞や他の電車のラッシュ緩和のために出来た線なのに、それはないですよねwobbly

私は定期があるから、普段は、本数が多い今まで通りの電車に乗るだろうな。
あ!でも、数年後に横浜まで開通したら、もっと利用回数が増えるかもしれないなぁ~。

| | コメント (2)

2008/06/15

無限 VS 異端侍

無限は、毎月ライブを行っていますが、私は3月ぶり。
しかも今回は単独ライブではなく、異端侍(太鼓&津軽三味線)をゲストに招くということで見に行ってきました。

一部は異端侍、二部は無限、そして最後にアンコールでコラボという贅沢なライブです。

津軽三味線が入ると、曲の雰囲気が一気に変わって、とっても新鮮に聞こえますねshine

途中で太鼓がなかったり、ちょっとしたハプニングもあったけど、それもライブならでは。
本人達もすごく楽しそうにしていたし、見ている私達にもそれが伝わってきて、楽しい時間が過ごせました。

やっぱり太鼓のライブは楽しいなぁ~。

それにしても先生の化粧が濃かった気がするけど・・・顔が白~かった・・・

| | コメント (0)

2008/06/14

妄想審査員

土曜日に放送している番組「ザ・イロモネア」。

お笑いの方達が出てきて、ショートコント、一発ギャグ、物ボケ、物まね、サイレントの5つのカテゴリーで、制限時間内に審査員3人以上(最後は審査員全員)を笑わせると100万円もらえるという番組です。

誰が審査員に選ばれたのか、は選ばれた方も、お笑いの方達も知らないのです。

出演しているお笑いの方達も、本来はライバルなのだとは思いますが、とにかく皆でがんばろう!と、励まし合っているのです。
罵声は飛び交わないし、皆がモチベーションを上げるために、お互いを賛美する。
司会のウンナンも、とっても優しいhappy01

だから、この番組は見ていて、嫌な気持ちにならないし、むしろとっても気持ちが良いのです。

この番組を見ている時、必ずやってしまうことがあります。
それは、私が審査員に選ばれたら・・・という設定で、1回1回、笑いをリセットしてから見るようにしています。
1つのカテゴリーが終わるごとに、次のカテゴリーまでに、笑いを止めて、顔も真顔にするように準備scissors

私が勝手にやって楽しんでいるだけで誰が見ているわけでもないのですが、ついつい審査員になりきってしまうんですよねぇ~bleah

似たような感じで、食わず嫌い王とかも、私にオファーがきたら、どれにしようかなぁ~なんて考えたりもするし・・・
オファーなんて絶対にこないんですけどねっ(笑)

| | コメント (6)

2008/06/10

サクリファイス

サクリファイス  近藤史恵 / 新潮社

2008年の本屋大賞ノミネート作品。

表紙の絵にも描いてある通り、自転車のロードレースの話です。
ロードレースというのは、あまりなじみのない競技で、ルールも何も知りませんでした。

レースではチームの絶対的なエースの人を勝たせるために走るアシストという人たちがいます。
エースの風よけになったり、敵のスピードを狂わせるために猛スピードで駆け抜けて行ったり、エースの自転車の部品が壊れれば、自分のものと交換したり・・・とにかく、エースが勝つために自分の順位をも犠牲【サクリファイス】にして走る役割の人なのです。

ここで、題名のサクリファイスとはこういうことなのか、と思いました。

ただ・・・
題名のサクリファイスに隠されている意味の深さはラストにならないと分かりません。

自己犠牲の精神というのは、何だかとても日本人的な感じがしました。
外国のチームも同じ役割の人は当然いるわけなので、日本人のチームだからというわけではないと思うのですが、個人競技ではない確実にチーム戦のロードレースには欠かせない存在なのです。

アシストだって、記録を残したい!エースの座になってみたい!などと欲望も出てくると思います。
この本は、アシスト役の主人公のそういう事が頭の中に浮かぶ人間的な部分と、徹底して紳士的にアシストをつとめあげようとするプロの部分との不安定さの描写が絶妙。

誰もが持っているこの不安定さによる人間関係の微妙なずれや疑惑が、衝撃的なラストにつながっているわけです。

「サクリファイス」とはこういうことだったのかflairと驚くばかりです。本当にビックリ・・・

読み始めたら、一気に本の中に読み手を引き込む描写と、ストーリーの構成は、見事としか言いようがありません。
さすがミステリー部門。さすが本屋大賞ノミネート。

| | コメント (0)

2008/06/08

今半ですき焼き

080608_183902 ←携帯カメラでぼけちゃった・・・

我が家の結婚記念日は、入籍日の11月22日としています。
が!6月5日は結婚式を挙げた日。ということで、今日は当日ではないけれど、結婚式記念日のディナー。

人形町の今半で、すき焼きを食べてきました。

他にも店舗があるけれど、オットーさんはどうしても人形町で食べて欲しかったんだって(会社で行った時の雰囲気がすごく良かったようです)。
今半の周辺も、昔ながらの情緒がある佇まいの老舗やお家が多く、落ち着く感じがして素敵ですよね。

通されたのは2階の掘りごたつのある個室。
お部屋に1人ずつ仲居さんがつき、すき焼きの調理から取り分けまで全部お任せでやってくれます。

お肉も柔らかくて、口の中でとろけるし、何といっても、甘すぎず辛すぎず絶妙な割下が本当に美味しい。
たまにはこんな贅沢もいいですよね。幸せ~shineshine

我が家の大晦日は、必ずすき焼きをするのですが、こんなの食べたらお家ですき焼きはできないよぉぉぉ~。

| | コメント (0)

2008/06/07

祝!16年ぶり出場

バレーボール男子の北京オリンピック出場をかけた大事な一戦。
ご飯を食べながらだったけど、食べる手がずっと止まりっぱなしなぐらい大興奮で応援しました!!

2セット連続で日本がとった時にはまさかフルセットまで行くとは思っていませんでした。
アルゼンチンも日本に負けたら北京への切符はなしになるので、必死でしたし、簡単には勝たせてくれませんでした。
確かに危ない場面もいくつもあったけど、本当に良かった・・・shine

解説が中垣内さんというだけでも、懐かしい~という気持ちになるのに、荻野さんがまだ現役で、コートの中で必死でがんばっている姿を見るのは、涙なくしては見れません。

男子バレー観戦にはまっていたのは、私が中学、高校の時。
まさに、中垣内さんとか、荻野さんとか、南さんとか、青山さんとか・・・そういうスター選手がいっぱいいた時代です。
代々木体育館には、結構通いつめたなぁ~。
あれから15年ぐらい???その時の選手がまだコートの中で主力選手として走り回っているのは、本当にすごいことだと思います。

植田監督は、北京への切符を手にするために、選手の人間的な部分から改善したのだそうです。
ご飯を食べる、挨拶をする、人の良いプレーを喜ぶ、etc。
基本的な部分ができてくると、チーム全体の士気も上がってくるし、まとまりも出てくるのだと思います。
一人一人が自分の仕事をし、そのプレーに対して敬意を払う。
まさに、今回のは全員で勝ち取った切符だったように思います。

皆、男泣きしていましたね。やっぱり、長~い16年だっただけに、やっとここまで戻ってきた!という気持ちになりますね。
北京オリンピックは男女とも出場をきめましたrock

オリンピック本番でも、チーム力で精一杯戦って欲しいです。がんばれ~sign03

※その後、今度はすぐにサッカー観戦。
楢崎がPKでとめていなかったら危ない試合だった・・・大久保もね・・・選手交代も遅すぎよね・・・
日本のメディアが視聴率を取るために、現地の人でもやらないような灼熱の時間帯に試合が始まったっていうのは嘘か本当か分からないけど、開始から数分しかたってないのに、ユニホームのびちょびちょ感を見ると、90分よくがんばってたなぁ~と思う。

| | コメント (2)

2008/06/05

あれから1年

1年前の今日、ハワイで結婚式を挙げました。
先に入籍はしていたし、すでに「生活」をしていたので、何となくハワイに旅行に行くついでに・・・という気持ちの方が大きかった気がします。
(でも、ちゃんとそれなりに準備はしてましたよ。)

あれから1年。
早いなぁ~という気持ちと、まだ1年なのかという気持ちとが混じり合っています。
幸い、大きな揉め事もケンカもなく、毎日楽しく過ごしています。
昨日の夜、1年の反省会と称して、お互いに直して欲しいところとか、注文があれば・・・と話合ってみたのですが、「特に何もない」ということで1分で終了end

今の状況は、独身時代とあんまり生活のリズムが変わっていないので、何も出てこないのかもしれません。
今は何もなくても、これから何が起こるか分からないですよね。
何かあったらその時に一つ一つ解決していきましょー!

私達の結婚記念日は姓が同じになった入籍日としているので、特に何をするということはないのですが・・・
今日は平日だし、私は休めないエイサーの練習があったし、お互いに帰宅時間が分からなかったので、オットーさんの提案で週末にご飯を食べに行くことにしましたrestaurant

これを楽しみに、明日の仕事がんばるぞ~happy01

| | コメント (4)

2008/06/02

TAO LIVE 2008

TAO LIVE 2008に行ってきました。TAOは、和太鼓のプロ集団です。

TAOのライブに行くのは初めてです。
普段は、九州を拠点として活動していて、海外公演なども行っているので、なかなか東京へは来ません。
たまたま、TAOが東京に来るよ~と声をかけていただいたおかげで、行くことができたのです。(TAO REDと、TAO YELLOWのグループがあり、今回はRED)

最初に篠笛の女性が2人出てきた時には、透き通るような綺麗な音色に鳥肌が立つぐらいです。
この女性達は、笛を吹きながらも踊ったり動き回ったりしていて、どうして音が飛ばないのか、息が切れないのか、不思議・・・。

そして、締め太鼓だけの演目。
全員のバチが同じ高さ、同じスピード(信じられないぐら高速)、それなのにぶれない。
バチの軌道が、残像として残るのですが、これもまた全員同じ角度、同じスピード。
プロというのはこういうものなのですね。気がつくと、口がぽかーんとあいたまま。

舞台は特に派手な演出はない分、メンバーの盛り上げ方がすごい。
まさにエンターテイメントsign01
飛んだり、はねたり、きめたり、おどけてみたり、とにかく見ているだけで、次はどんなのがくるのかな、とワクワクします。

2時間はあっという間で、久しぶりに「わーっ」って思うものを見た気がします。
次回は来年になるそうですが、絶対にまた行きたいsign03

東京は、今日から梅雨入りになってしまいましたが、そんなのも吹き飛ぶぐらいパワフルなライブでした。
やっぱり、いろんな人を見ないと世界が狭くなっちゃいますね。

| | コメント (2)

2008/06/01

有意義な日曜日

Dsc01446

昨日の寒さとはうってかわって、今日は最高に気持ちの良い日曜日でした。

午前中は、エイサーの自主練。
方向がごちゃごちゃになっていたのに、皆でここはこうだ!と少しずつ解析しながら覚えると、何となく光が見えてきました!
この曲、やっと分かってきた~。あとは、火曜の通常練習まで覚えているか・・・が問題です。
家で一人でDVDを見ながらやっても全然頭に入らないのに、皆で練習すると、いい気分転換もできつつ、集中力も違う気がして、すごく効率がいい。
今日の自主練、大正解でしたhappy01scissors

終わって家に帰ってからは、オットーさんと久しぶりのお出かけ。
本当に、前回はいつだったのか・・・思い出せないぐらい久しぶり。
いろいろとやらなければならないこともあるので、そんなに遠出をするのではなく、家の近所をぷらぷらと散策してみました。
都会の真ん中でも、意外と緑が多くて、木陰に入ると涼しくて気持ちが良い。
家の近くに大きな公園があるなんて知らなかったので大きな発見ですeye

この散歩、何のあてもないのに、歩いているだけでいろんな話が出来るし、街の新たな発見もあるし、今まで目的がなく歩くのはあんまり得意ではなかったけれど、いいですね。
今日、お気に入りの仲間入りです。今度は違う方向へ歩いて行ってみたいなぁ~dash

天気が良いと、自然とテンションもあがってくるし、何をやっても楽しくなりますねnote
これぐらいの気候が続くといいのに。

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »