« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/30

当選しました

当選しました。

ハワイ旅行ご招待!などの懸賞ではなく、7月26日(土)にある新宿エイサーまつりのことです。
毎年、7月の最終週に行われるエイサーのイベントで、伊勢丹やアルタの前の通りで踊ります。

今年、琉球國祭り太鼓が一般参加を募集していることを聞きました。
募集人数は30人で、多ければ抽選になります、と書いてあったので、当たらないだろうと思って、ダメもとで応募しましたが、なんと当選してしまいました。

指導付き、教材ビデオ付き、なので、とーってもお得なのです。

ただ、練習が平日の夜18時~22時なので、会社をちょっと早めに出ないと間に合わない・・・
11日に説明会があるので、そこで聞いてみて決めようと思います。

こんな機会は滅多にないので、琉球國の人達と一緒に踊ってみたいなぁ~。

| | コメント (2)

2008/04/29

屋台WS

今日は、秩父屋台囃子という演目のワークショップへ行ってきました。

これは、12月に行われる秩父の夜祭で、屋台・笠鉾を威勢の良い若い人達が街中を曳き回す時に演じられる曲です。
太鼓を斜めに寝かせて足で挟んで腹筋を使って打つ太鼓と、高速締め太鼓(玉入れと呼びます)と、笛などが使われます。

これが、非常に体力のいる演目でして。
私は一度、発表会でこの曲をやったことがあったのですが、とにかくすでに曲がほとんど仕上がっている状態のクラスに入ったため、非常に苦労をした苦~い思い出(できれば思い出したくない感じ)があるのです。
今回はそのトラウマを払拭するためにも、そして習ってみたかった先生が講師だということもあって、申込をしました。

1日教室(10時半~16時半)では、全部ができるわけではないので、いいとこ取りで曲を仕上げました。
意外とずっと打たせるスパルタな先生だったけれど、とっても面白くて、クラスの雰囲気も良くて、また習ってみたい先生リストに入りました。

最後は、同じ時間に別の教室でやっていた屋台の締め太鼓の方のWSの人達と合同で演目を合わせてプチ発表会をしておしまい。

相当、筋肉を使ったので、痛いし、重いし、会社でPCのキーボード打てるかな、というぐらいヘトヘトになりましたが、とても気持ちが良かったです♪

そして、この屋台囃子は、地面にお尻をついた状態で座って斜めになって打つので、尾骶骨がすれるんです。
タオルを敷いて打っていたのですが、ヒリヒリ痛すぎ・・・
家に帰ってお風呂に入った時にすべてが判明しました。

尾骶骨部分の皮膚がすりむけて、赤くなってる・・・
お湯もしみるし、イスに普通に座ってるだけでも痛いし、これは明日からの生活にかなり支障が出ると思われます。

まっ、これはいずれ治るし、先生は面白かったし、屋台も楽しかったし、いっか~(笑)

| | コメント (4)

2008/04/27

春の味覚

Dsc01395

オットーさんの実家から新玉ねぎ、私の実家からアスパラガスが送られてきましたscissors
同時期なんて偶然~。
普段はなかなか取れない野菜を、休日は意識してたくさん使うようにしていますので、とてもうれしいです。

まだ泥の匂いがしそうなほど新鮮なお野菜は、みずみずしくて、とっても美味しいhappy02

牛肉と新玉ねぎをオイスターソースで炒めたり、アスパラ丸ごと1本を豚バラでくるくる巻いて照り焼き風にしてみたり、もずくと新玉ねぎときゅうりであっさりサラダにしてみたり、その他いろいろと・・・
味にも形にもバリエーションが沢山できて、万能な食材ですね。

さてさて。まだ新玉が残っています。次回は何を作ろうかなっnote

| | コメント (2)

2008/04/26

おめでとう!ありがとう!

Dsc01393

友人に男の子が産まれました。

1ヶ月検診でお家に戻ってきているとのことで、まだまだ小さい赤ちゃんを見に行ってきました。
本当に小さくて、ニコニコしていて、とーっても良い子。
見ているだけで私までにやーって自然と笑みがこぼれてしまいます。

この夫婦は、もともととても素敵な夫婦なのですが、今日、「両親」になった二人を見て、さらに幸せの輝きが増して、キラキラしていましたshine
だんな様も信じられないぐらい優しい人で、マッサージをしたり、だっこを頻繁に代わってあげたり・・・heart02

この日は、友人の幸せな顔が見られただけでもとーってもうれしかった。
それだけではなく、別の一緒に行った友人の良い事も聞けたし、これは文句なしに涙が出そうなぐらいうれしいことなのでした。
さらに別の友人のお子様も、見るたびに成長していて、この子も愛情たっぷりに育ってるから本当に良い子なのです。

私の大好きな仲間の幸せは、私の元気の素good
これからも、ちょこちょこと会って、いっぱい笑おうね。

最後にR君へ。

この世で一番最初の幸せは、この両親の元に舞い降りてきたこと。
今は小さいけど、しっかりとしているこの手で、1つ1つ幸せをつかんでねheart04

幸せな時間をどうもありがとうhappy01

| | コメント (2)

2008/04/23

しそがぽ~る

今週はなぜか、信じられないぐらい仕事でいろ~んな事が重なって、まだ週の真ん中だというのに、ものすごくヘトヘトです。
金曜までは、まだまだ帰れない日々が続きそうです・・・weep

しそがぽ~る

↑のサイトは、私が頭も身体も疲れている時にちょっと元気を取り戻すサイト。

アジア各国で、「惜しい!!」という愛おくなってしまう日本語を探すのが大好きな私のツボにばっちりとはまったサイトなのです。
台湾に行った時にも面白日本語を探していました(←コチラ)が、そんなの比ではないぐらい面白いです。

疲れた時、笑いたい時、癒されたい時、お時間のある時に、ぜひ覗いてみてくださいhappy01

| | コメント (0)

2008/04/21

赤福

080421_090102   080421_090201

会社の営業の人が関西出張のお土産に、赤福を買ってきてくれました。

昔とまったく変わらないパッケージと、中のあんこの形。

甘いものが苦手だけど、「食べられない」とは言えなくて(私が苦手なのを知ってるはずなんだけど・・・)、1つはあんこも一緒に、1つはあんこを全部どけて食べましたcoldsweats01
残りは、他の人へ。

不祥事があった後、老舗の名前の信頼回復のためにも、これからは二度と悪いことはできませんよね。
「日本の味」として、初心を思い出して、これからも頑張ってもらいたいですねnote

| | コメント (0)

2008/04/19

久しぶりのエステ

私の使っている化粧品は、自分の使っているローションやクリームを持っていけば、お茶代100円でエステをしてくれます。
もちろんベッドに寝て、スチームもあててもらって、ホットタオルも冷たいタオルも最後にやってもらって、顔のマッサージだけではなく、肩や首のマッサージも(今日はハンドマッサージもnote)行ってくれます。

友人の1人が、明日エステの講習を受けるとのことで、私が練習台になったわけですが、ほぼ1年ぶりにエステをしてもらったこともあって、とーっても気持ちが良かったheart04

本当は毎日のお風呂上りに自分でマッサージをするのが一番効果的なんですけど、寝るのが遅いというか、お風呂に入るのが遅いので、ささっと顔に塗っておしまいにしてしまっています。

エステをしてもらうたびに、毎日のお手入れの大事さを痛感するのです・・・。
エステ直後の顔もモチモチ感とか顔の色とか、本当に違うんです。当然、お化粧ののりも違うし。

肌が綺麗になると、何となく気分が良いし、どこかへ出かけたくなりますよね。
これから春や夏の日差しを浴びて日焼けをする機会が増えるのでちゃんとケアしないとなぁ~。

| | コメント (0)

2008/04/18

雨の日サービス

今日は、ずっと雨が降り続いて、空も暗い一日でしたねrain

会社の帰りに、たまたまちょっと雨足が弱まった時だったので、いつものスーパーに行ってみると、雨の日サービスというのをやっていました。

雨の中、スーパーに来てくれてありがとうという意味が込められているそうです。
私が行った時間帯のサービスは、

パイナップル 50円!!!

このスーパーは場所が場所なので、私の実家の近くのスーパーと比べると全体的にお値段が高めなのですが、こんな値段見たことありませんhappy02
たとえ失敗したとしても、まぁ~いっかと思える値段だし、もちろんお買い上げです。

確かに、半分ぐらいまだ少し硬いところがあるけど、半分は甘いheart01

雨の日は、あんまり行きたくないけど、意を決して行ってみるといい事もあるんですね。
近所のスーパーにはこんな素敵なサービスがある事を知ったので、これからはちょっと雨の日の楽しみが出来た気がしますhappy01

っていうか、今までも雨の日にも行った事があるのに、全然気がつかなかったなぁ。

| | コメント (0)

2008/04/17

閉鎖病棟

閉鎖病棟  帚木蓬生 / 新潮文庫

作者の帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)さんの作品は、「アフリカの蹄」を読んだことがあります。
その時に、描写がリアルなので、作品の世界の中にぐんぐんと引き込まれていったのを覚えています。
今回の作品もまたそれと同じで、一気に作品の中に入り込んでしまいました。

重い過去を持ち、世間や家族までもから拒絶されながらも、懸命にがんばって生きようとする患者達のいる精神科病棟の話です。
この病棟で事件が起こってから、その平和な日々が壊れ、患者達の中の何かが変わっていく様子が描かれています。

この小説の作者は、もともと会社勤めだったが、社会人になってから医学部へ入りなおし、今も現役の精神科医として勤務しています。
だからなのか、内部の患者の言葉で描かれたこの本は、とても淡々としていて、でも暖かい言葉でつづってあるのでしょう。

この小説が書かれた時代背景では、まだまだ精神科に通っていたり入院したりしているだけで、世間の目も冷たかったのではないでしょうか。
今では、地域との共存ということが注目されていますが、この時は世間から隔離され、街に出れば悲しい言葉を投げかけられていたようです。

閉鎖病棟にいるといっても、一くくりにはできず、患者達は、患者である以前に1人の人間なので、当然、個性にあふれています。
そして、精神を病んでしまった背景もさまざまです。
そういうことは、当たり前のことなのですが、家族の人でさえも迷惑をかけられたくないの一点張りでなかなか理解できないことなのです。

それでも、「自分」を取り戻すために一生懸命に生きているチュウさんや秀丸さんの姿に、これが人間の本来の姿なのだ、という作者の想いが重なるような気がしました。

事件が起こってからの展開は、涙なくしては読めません。
秀丸さんの手紙の中には、愛のある言葉があふれているし、チュウさんの言葉の中には、優しさがあふれています。
最後のチュウさんの行動は、「人として認められた」という喜びの心の底からの叫びだと思います。

彼らの優しさや強さには、脱帽。
閉鎖病棟にいる患者だけでなく、閉鎖されていない世界にいる私も、前を向いて一生懸命になる勇気をもらえた気がします。

| | コメント (0)

2008/04/15

太鼓新クラス開始

4月に入って、もう半分が過ぎようとしています。
ついこの間、2008年になったと思っていたのに、時が経つのは本当に早いですね。

4月といえば、新しいことを始めたり、新しい環境へ飛び込んだりする、チャレンジ月。

太鼓センターに、太鼓のクラスの退会届を出しに行った時、私って実は冷たい人間なんじゃないか、と思うぐらい何の未練もありませんでした。
むしろ、新しい場所に飛び出せるというワクワク感を感じてしまったぐらい。
今までずっとセンターで習ってきたから、外を知らないのです。

そして、3月に体験に行った新しい太鼓のクラス。
今までの打ち方の根本から直される・・・こんなに打てないのか、と正直凹む。
でも、先生はちゃんと理論も教えてくれるし、もちろん、その理論も机上のことだけではないので、むちゃくちゃ説得力があります。
久しぶりに「太鼓を打ってきました!」という心地よい疲労感と爽快感を味わいました。

たぶん、この環境で習うことができれば、もう少しうまくなれるかもしれない、と直感で決めてしまいました。

先生は、プロでとっても活躍されている方なので忙しいのです。
自分のスケジュールの合間をぬって教えてくれるので、月2回(日にち変動あり)2時間になります。
でも、確実に今までのクラスよりもかなりハードだし、実際に打ってる時間も長い気がします。

太鼓はお腹いっぱい!!って思うまで、もう少し太鼓を習っていたいです。
11月にはお客さんに楽しんでもらえることを目的とした公演があるそうです。
(太鼓センターでは生徒の発表会という色が濃かったけれど、先生の話ではそういうものではなさそうな感じ)
皆の足を引っ張らないように、がんばらなくっちゃ!!

まずは、長年同じ打ち方をしてきたので、癖がなかなか抜けないけど、今の先生の方法は楽に打てる(はず)なので、そこから矯正しないと・・・dash

| | コメント (5)

2008/04/14

寝違えた・・・

昨日の朝、起きたら、何だか首が痛い。
右はなんともないけれど、左を向くとピキーンと痛みが走る・・・sad
完全に寝違えたみたいです。

昨日はエイサーだったのですが、その時も左を向くのが結構きつかったんですよね。
お昼を食べている時も、友達には右側に座ってもらったりして、対応してました。

で、今日、会社で電話をしながら、資料をがさごそやろうと思って、寝違えているのをすっかり忘れて受話器を肩に挟んだところ、「いっ・・・」って電話口で言ってしまいました。
社内の電話だったから良かったけど。

これができないと、とても不便です。
寝違えたなんて久しぶりすぎます。早く治らないかな。
というか、小学生の頃は寝違えたその日に治っていた記憶があるのですが、それが翌日もまだ治っていないことにちょっとショックshock

| | コメント (0)

2008/04/13

エイサー新クラス

今日から、エイサーも新しいクラスになりました。

今までは午後からのクラスだったのですが、これからは朝のクラス。
早いよ・・・すごく早いよ・・・。日曜日の朝なのに、会社に行くのとそんなに変わらない時間に起きないといけないんです。
分かっていたことではあるけれども、実行してみると、やっぱり早いbearing
月1回だから、がんばって起きますけどね。

しかも、新しいクラスの中に入ると、ストレッチの場所も、踊る場所も、休憩時間の場所も、いろいろと居場所を探すのにドキドキしちゃったりして、新入生みたいに緊張しますね。
きっと前のクラスにいた時に新しく入ってきた人達も、こんな気持ちだったのかな。
長くいたから、すっかり最初の不安を忘れてしまっていました。
何か感じ悪いこと、してないといいけどぉぉぉ・・・。

今回の曲は、すっごいかわいい感じの曲。
仲里節がかっこいい曲だったので、あまりの違いにちょっぴり恥ずかしいですcoldsweats01

朝から踊っているので、お昼に終わるのですが、今日は前のクラスの人達と飲む予定があったので、お昼を食べて時間をつぶすことに。
予約の時間まで5時間。ひたすら女子高生みたいにしゃべりっぱなしbleah
合流したらしたで、またまたしゃべりっぱなし。
久しぶりに会った人もいて、とっても楽しい時間が過ごせました。

結局、13時間以上、浅草にいたことになります。
長い一日だったけど、踊ったり、笑ったり、お腹いっぱい食べたり、充実した良い1日でしたっ。

| | コメント (3)

2008/04/12

春野菜でおもてなし☆

久しぶりに我が家へ友人2名+お子様が遊びに来てくれました。
すっかり春になって、ぽかぽかと気持ちが良いお天気で良かったですsun

【本日のメニュー】
にんじんサラダ
春キャベツのポタージュ
バルサミコチキン
ベーコンとブロッコリーのキッシュ
春野菜のラタトゥイユ
コーヒーゼリー

Dsc01360 ←春野菜のラタトゥイユ

今日は野菜がみずみずしくなる「春」なので、野菜を中心に用意してみました。
新たまねぎ、春キャベツ、ブロッコリー、春野菜のラタトゥイユの中には、プチトマト、ズッキーニ、アスパラ、いんげん、マッシュルームをタイムで軽く煮込みました。
いろいろと調味料で味付けしなくても、野菜の甘みがとーってもさわやかで美味しいですねぇ~happy01

前はダイビングに行ったり、ボード行ったり、モノポリーにはまったり、麻雀を教えてもらったり、本当にいろいろと遊んでいました。
それがお互いに結婚したり、仕事が忙しくなったりで、なかなか集まれなくなっていたので、今日は久しぶりに会えて、とても楽しい午後になりました。
それにしても、半年前に遊びに来てくれた時にはお子様ははいはいがやっとだったのに、今日はもう歩いていたし、言葉も発してた・・・子供の成長って本当に早いなぁ~。
また遊びに来てねnote

お昼の洋食とはうってかわって、夜は純和食。

Dsc01364

おかずの中の1つは、さわらの幽庵焼き。
漢字で鰆と書くし、今が旬のお魚なので、脂がのっていて、でも幽庵焼きは柑橘果汁を加えるので、さっぱりです。
う~ん、美味しいhappy02

今日は、春の味覚を楽しんだ1日でした。たけのこご飯でもすればもっと完璧だったな・・・。

| | コメント (4)

2008/04/11

ネーブルでマーマレード

Dsc01359

母から箱で送られてきた大量のネーブル。

毎日、いつでも好きな時に食べられるように、一口サイズに切って冷蔵庫に常備してあります。
(なるべくみずみずしい状態で食べたいので、1回にそんなに大量には切らず、食べ切れそうな分だけ)
オットーさんは、あまり積極的に果物を摂取しないので、それを解消するのに、我が家ではとても良い方法なのです。

それでも、10kgの箱で送られてくると、なかなか消費するのが難しい。

そこで、このネーブルを使ってマーマレードを作ってみました。

ちょっと煮つめすぎてしまって、とろとろの水分部分がずいぶんなくなってしまいましたが・・・
それでも、美味しいhappy02
ネーブルがそれだけで十分甘みがあるので、グラニュー糖は少なめにしてみました。
自家製だと、面倒だけど、好きなように甘さを調節できるのが良いですよね。

| | コメント (3)

2008/04/09

チミに足りないもの

チミに足りないものカード
kikijijiの足りないものカード
by ふりーむ! 無料ゲーム/フリーゲーム

私には相当ぬくもりが足りないみたいです・・・weep

ちなみに本名でもやってみました。
足りないものは、根性・根性・気遣い・経済力でした。根性あると思ってたんだけどなぁ。

オットーさんなんて、足りないものの中にトキメキとか癒しなんて出てきてしまいました。
あららららぁ~。
ときめかれていないのね。癒してあげられてないのね。反省しま~す(笑)

足りないものが知りたい人は、ココをクリックしてみてくださいsign01

| | コメント (11)

2008/04/08

ディズニーリゾート150の秘密

ディズニーリゾート150の秘密  TDR研究会議 / 新潮文庫

本屋さんで思わず手にとってしまった一冊。
2003年に発売された本なので、ディズニシーのこととか、タワーオブテラーのこととか、若干情報が古い気もしますが、そこは目をつぶれば、楽しめるのではないかな、と思います。

ディズニーランドもディズニシーも何回も行ったことがあるので、本の中で描かれている描写があれば、頭の中に景色が浮かぶから読んでいて、とても楽しいです。

キャスト達がいる建物の話とか、外国人ダンサーの話とか・・・結構、内部事情に突っ込んだ部分が書いてあったり。
ディズニシーは、アメリカのボツ企画が実現したものだった、などアメリカ・フランス・日本の違いが書いてあったり。
VIP用の隠し扉があり、その中に潜入した時の話が書いてあったり。

「えぇ~知らなかった~」という情報も盛りだくさんです。
池の中にコインを入れる日本人の風習により、イッツ・ア・スモールワールドやジャングルクルーズなどの水のあるところには、必ずお金が入っていて、それは錆びる前に回収し、恵まれない子供達の施設や基金に全額寄付されているそうです。
こんな事、全然知りませんでした。さすが、夢の国ディズニーリゾートですねっgood

無理矢理150個の秘密を入れた感じがしなくもないし、もしかしたらちょっと大げさに書いてあるのかもしれないし、どこまで本当かは分からないけれど、ディズニーにかける想いと調査力は、ただただ感心してしまいます。

ディズニーシーの「シンドバッド・セブン・ヴォヤッジ」のシンドバッドの声を唐沢寿明さんが吹き替えしているなんて知っていましたか?
次回、TDLかTDSに行った時は、ここに書いてあるような細かい部分を絶対に探してみようbleah

| | コメント (2)

2008/04/07

MONGOL

昨日、公開初日に「MONGOL」を観てきました。
浅野忠信さん主演の、昨年のアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた作品です。

モンゴルの英雄といえば、チンギス・ハーン。
彼が大帝国を築くずっと前から1つの大きな戦いに勝利するまでの、半生とまでもいかないぐらいの話です。
チンギス・ハーンがどのようにして、世界の半分ぐらいを治めることができたのか、という土台になる幼少期~青年期が詳細に描かれている映画です。

土曜日にテレビのCMで「明日公開!」というのをチラッと見た時に、珍しくオットーさんがこれ観たいとつぶやきました。
正直、私は最初は「う~ん」という感じだったし、浅野さんが出てるから、まぁ観てもいいか、ぐらいにしか思っていませんでした。

でも!!!

始まった時からスクリーンの中にぐいぐいと引き込まれる圧倒的な存在感とその内容に、体の力が入りっぱなしでした。
スクリーンの中での浅野さんと、ジャムカ役の俳優さんの存在感は、圧巻です。
さらに、浅野さんの全編モンゴル語には本当に驚きでした。

どんなに逆境に追いやられても、どん底に落とされても、自分の信念を捨てず、強い目の光がとても印象的。
愛する人や家族がいるからこそ、そして信じあっているからこそ、お互いに心が強くいられるのだと思います。
ただ、私には彼の妻ボルテのように、信じていても、辛すぎる現状に耐えるだけの心があるのか・・・そうありたいとは思いますが、簡単なことではありません。
彼女のように、どんな時でも凛とした強さを持った女性になれるといいのに。

モンゴルの大平原に沈む夕日のオレンジ、夏の草原の綺麗なグリーン、冬の雪の白。
風景がとても美しいだけに、モンゴルの人たちの争いや残忍さが余計に胸に響き、痛むのです。

学校で歴史の授業でしか習ったことはなかったけれど、その時の印象とは180度違いました。
チンギス・ハーンは、モンゴルを統一するため、世界を統一するために、闘う人という印象しかありませんでした。
でも、実際は愛する家族のため、とてもシンプルな掟を掲げているだけのこと。
そのためには、戦いが必要だったのかもしれないけれど、彼はその戦った土地の人々、家族、信仰、などを大切にする人でした。
きっと、だからこそ、カリスマ性を持った彼をリーダーと認め、皆がついてきたのでしょう。

チンギス・ハーンの生涯について、もっともっと知りたくなりました。
しばらく、チンギス・ハーン熱と浅野さん熱が続きそうな予感です。
強い男は素敵だぁ~shine

| | コメント (2)

2008/04/06

春爛漫~☆

Dsc01344   Dsc01346   Dsc01348   Dsc01349

今日は、本当に風も穏やかで、太陽も暖かくて、最高でしたねhappy01

先週の雨と強風で、桜は全部散ってしまうかなぁ・・・と思っていたのですが、予想外に桜ががんばってくれていたので、我が家恒例の新宿御苑に行ってみました。
まだまだたくさんの桜と、たくさんのお花見客で、大盛り上がりでしたヨ。

新宿御苑は、外国の方も多く、芝生の上でシートを敷いてゴロ寝していたり本を読んだり、輪になって仲間とワイワイしてみたり、日本人と同じようなことをしてくれていました。
日本の綺麗な桜cherryblossom、覚えておいて欲しいなぁ~。

御苑を出て、春物夏物ショッピングをして、映画を観て~・・・ってとってもデートっぽい。
オットーさんとはなかなか土日のお互いの予定が合わないので、こういうのは久しぶり。
たまにはいいですね、のんびりプラプラするのってnotes

夜は、新宿のアカシアの名物ロールキャベツシチューと大きなエビフライを食べて帰ってきました。

Dsc01354   Dsc01355

このロールキャベツシチューは、何だかとってもクセになる味で美味しいのです。
店内は相席も普通にあるぐらい本当に混んでいるので、新宿の隠れた名店です。
ロールキャベツだけではなく、エビフライも大きいし、ホタテのクリームコロッケも美味しいし、ハンバーグも美味しいですよ。
機会があれば、ぜひ試してみてくださいrestaurant

| | コメント (4)

2008/04/05

ドラリオン

Dsc01199

ずーっと観たいと思っていて、観れていないものの1つ、シルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」。
そして、今日は東京最終公演最終日前日でした。

これは、本当にスゴイsign03スーパーサーカスという域を超えています。
笑わせるところ、魅せるところ、迫力満点なところ、ノリノリのところ。
とてもメリハリはあって、2時間はあっという間でした。
どのパフォーマーも、本当に信じられないぐらい驚異的な身体能力を持ち合わせていて、目の前で繰り広げられているものは本当なのかな、と疑ってしまうぐらいでした。

それだけではなく、ドラリオンという枠の中で表現される世界観が素晴らしいのです。
「ドラリオン」というのは、空・水・火・土という自然界と生命を結ぶ4つの力に焦点を当て、これがショーの中でどんどん形作られていくのです。
優雅で、力強くて、透明で、すごく素敵でしたshine

生身の人間の限界に挑戦する姿。自分の身体だけで勝負する潔さ。
勝つか負けるか、舞台に立てるか立てないか。
そういうシビアな世界だからこそ、ライブで手に汗にぎりながら観る価値が大いにあるのだと思います。

成功した時の観客からわく歓喜の声と絶賛の拍手。
きっと私達では想像もつかないぐらいのプレッシャーと緊張感を保つのは、並大抵の精神力ではないと思います。
でも、ただこの瞬間のために、そのためだけに、という気持ちで舞台に立っているパフォーマーの方々からは大きな感動をたくさん頂きました。

これは、まさに「芸術」だと思います。
第8弾が来るそうなので、機会があれば、絶対にまた見てみたいですhappy01

| | コメント (4)

2008/04/03

体調悪し・・・

頭痛がひどいbearing

どう考えてもストレス、寝不足、肩・くびの凝りから来るものだと思うんですけど、今回ばかりは本当にひどいです。

頭を上にすると、吐いてしまうので、今日は一日有給を取って、お家でのんびりしていました。

大好きなテレビtvをたっくさん見れるチャンスなのに、それもあんまりしたくない。

私にもそんな時があるんだなぁ~なんてちょっと発見eye

夜になったら緩和されてきたので、明日は復活して会社に行けそうです。
たまにはこんなのもいいけど、やっぱりいつものようにウロウロとできる方がいいし、性に合ってる気がしますsmile

| | コメント (0)

2008/04/01

終わった~!!

終わりました。今年も何とか間に合わせました。
と言っても、他の拠点の対日事業部は、これからが大変そうですけど。

睡眠時間も少ない、食事回数も少ない(下手したら1日1食の日も・・・)、いろいろとプライベートも犠牲にしなくてはいけない。。。

こんな地獄の生活も、今日で終わりです。

これからは、ポロポロと各拠点から質問がきて、それに答えるだけのはず。

よくがんばった!私!

| | コメント (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »