« ナスカ展 | トップページ | ハートメーカー »

2008/02/11

家族のつながり

今日は、私の実家の祖母のお墓参り、そして、祖父と、さらには、弟の新しい家族になった赤ちゃんに会いに行ってきました。

私の祖父は106歳。
つい数年前までは、剣道の師範の現役でした。館長だったのですが、自ら人を「育てる」ということに情熱を持っていたので、クラスを受け持っていました。
さすがに、現役でずっとがんばってきただけあり、いつまでも若々しく、しっかりしているのかな。
まだまだ話している言葉もはっきりしているし、肌もつやつや、笑顔も素敵☆

祖母は、私が生まれてすぐに亡くなってしまったので、全然記憶にはないのですが、今日は、いろんな事を報告できて良かったです。

この祖父と祖母との間に生まれたのが、私の母。
父と母の間に生まれたのが、私と弟。
そして、弟と義妹の間に生まれたのが、今いる3人の子供たち。

誰が欠けても、今の私達は、ここには存在しないんですよね。

こうやって、どんどんつながりが広がって、大きい枠の家族になるだなぁ、と、とても素敵なつながりを実感した一日でした。
これからもこの暖かいつながりを大事に守っていけたらいいな。

|

« ナスカ展 | トップページ | ハートメーカー »

コメント

106!
すばらしい!
なんて元気なおじいちゃんなんだろう。

お墓参りいったり、いろんな方の葬儀に参列したりしていると、やっぱりね、生きているうちにどれだけその人に自分ができるかだなあ・・・と、つくづく感じます。

想いを伝える、一緒に笑う、一緒にいる。


やっぱり、「今」を、すごく大事に生きていきたいですよね。
そして、いつまでも、kikijijiさんのおじいさんみたく、若々しくいたいなあ。

投稿: トト | 2008/02/12 10:35

>トトさん、
そうなんです。106歳。我が祖父ながら、本当にすごいと思います。
その時に、「働けるということは、本当にうらやましい。体が動くなら、まだまだ働いて社会に貢献したい」って言っておりました。
忙しい!って言っていられないなぁ~と思ってしまいました。

生きている今は、精一杯いろんなことに挑戦したいですよね。

投稿: kikijiji | 2008/02/13 13:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナスカ展 | トップページ | ハートメーカー »