« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/11/30

電車で気を使うこと

電車に乗って、座っている時に、毎回とても気を使う事があります。
それは、本を閉じるタイミング、ちょっと座りなおすタイミング、かばんの中身を探るタイミング。
私の前に立っている人に、変な期待を持たせないために、です。

だって、私が駅のホームに入る間近に本を閉じたり、腰をちょっとあげて座りなおしたりすると、前にいる人は、「あ、この人、この駅で降りるから座れる!ラッキー」って、甘い期待をしますよね。ちょっとだけそわそわして、私のまん前に、自分の体を移動させますよね。
そして、私が降りないことが分かった時には、「ちっ。紛らわしい事しないで欲しいなぁ~」なんて思うかもしれないでしょう。がっかりするでしょ。

だから、駅のホームに入る寸前には、絶対に動かない事に決めてるんです。
座りなおしたくても、我慢。かばんを触りたくても、我慢。

それなのに、今日の朝、やっちゃったil|li_| ̄|○il|li
本を閉じてしまった。本当に、ホームに入る直前・・・。
完全におじさんは、私が降りるものだと思って、ちらちらと私の事を見てるのが分かって・・・でも、私が降りる駅はあと15分ぐらい先。

おじさん、紛らわしい事してしまって、ごめんなさ~い。゜(゜´Д`゜)゜。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/11/29

7月24日通りのクリスマス

私は、映画が好きで、ホラー以外はどんなジャンルでも見ます。
ただ、邦画のラブストーリーって、その中でも一番遠い分野だったのですが、今回は、たまたまチケットをもらったというのもあるけど、最近の邦画の熱さに便乗してみました。

そして、今回のこの映画は面白かった(→ܫ←)邦画、がんばってます!

妄想大好き・少女マンガ大好きの冴えない主人公が、憧れの先輩との再会をきっかけに、その人に振り向いてもらえるように努力して、綺麗になって、前を見て生きるという事に一生懸命になるお話です。

確かに、話の先は読めるけど、シーンの1つ1つに、暖かくなる言葉がちりばめられていて、胸にささってくる感じでした。

脇を固めている俳優さん達が最高☆佐藤隆太、YOU、小日向さん、劇団ひとり・・・
映画館でも、普通に爆笑していましたが、それでも結構押さえた方でした。
家でDVDで見てたら、確実にもっと大笑いしていたはずです( ´∀`)
笑えるシーンも満載だし、かと思えば、泣かせるようなセリフも満載だし、とても心が優しくなれます。

「とりえはないけど、自分に誇れるものがあるとすれば、あなたをずっと愛し続けること。」
これは、主人公が一番最後に言うセリフ(一字一句正しくはないけど、こんな感じ)です。
堂々とこう言えるって、とっても素敵な事だと思うし、好きな人にもこう思ってもらえたら幸せですよね。

長崎の街もリスボンの街もすごく綺麗です(。→∀←。)

難しく考えずに見られるし、素直にクリスマスに大好きな人と過ごすのって悪くないかも、って思える映画でした(→ܫ←)♡
やっぱり、見終わった後に幸せな気分になれるハッピーエンドがいいです。

今日はちょっと私のキャラではない内容になっちゃったかな(;・ิ口・ิ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/28

そろそろ始動

3月4日にある太鼓の発表会ヘ向けて、やっと曲も決まり、練習が開始しました。

う~ん、つらい・・・
今回の曲は、ものすごくハードすぎて、腕が上がらない、最初の前奏の部分だけで、「ハァーハァー」言っちゃって、ダメですぅ(>_<)

クラスの皆、出来てるのかな。
人がどうやって太鼓を打ってるか、さえも見てる余裕がなくて、自分でいっぱいいっぱいです。どうしましょーーーーー!!!

そして、さらに本当にまた時間のなさに泣きそうですil|li_| ̄|○il|li

ちゃんと発表会までに出来上がるのかな。
とりあえず、皆でがんばるしかないですよね~。がんばろーーp(^^)q

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/11/27

お疲れ様でした

1年間、日本に出張に来ていた北京と上海の社員の一部が今週末、帰国してしまいます。

北京の子なんて、今の会社に入って、対日事業部に配属されてから日本語を独学で勉強し、1人で日本に出張に来て、1年間・・・。
これって、すごいことだと思いませんか?
大学で日本語学科だったとか、日本語一級持ってますとか、そういう経歴の持ち主でも、「え?これで?」っていうのが現実。
しかも、母国語でない言語を「独学」で話せるようになる、というのは、相当な努力と根気とやる気がないと、絶対に無理です(私は、独学に挫折した派なのでよ~く分かる・・・il|li_| ̄|○il|li)。
何にでも新鮮に驚いて、一生懸命吸収しようとしている彼女からは、学ぶ事も多かったんです。

私もがんばらないとな、って思わせてくれる人が社内に、しかも身近にいるのは、とても刺激的でした。

数ヶ月、日本に出張してきた社員はだいたい、日本語がかなりの勢いで上達して帰国するので、これからどんどん戦力となります。
やっぱり、言葉を覚えるのは、その国で生活するのが一番ですよね。
話さないと生きていけないんですからね~。

寂しくなるけど、どんどん北京で活躍して欲しいと思います。
次、来日する時は、マネージャーになってるかな??
私が育てたわけではありませんが、一人巣立っていく気がして、これからの将来を考えると楽しみになります☆
(↑これって、おばさん・・・???)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/25

嫌われ松子の一生

面白かったけど、ただ面白いという言葉で終わらせるには、よくよく考えると、あまりにも悲しくて、切ない映画でした。
「よくよく考えると」、というのがポイントなんです。

松子の転落人生を描いているわりには、色鮮やかな映像と、音楽で、見ている人を最後までひきつけて止められなくする圧倒的なパワーを持っています。
転落人生の映画っていうだけで、暗くて、どーんと重い感じの映像のイメージですけど、この映画は、そういうものはほとんどありません。
確かに、残虐なシーンもあります。そのシーンでさえも、芸術的に描かれていて、だからこそ、色が鮮明に頭の中に残るのが余計に辛く感じたのは私だけでしょうか・・・。

付き合う男性によって、顔つきも職業も、がらっと変わる松子は、非現実的な映画の世界であるけれども、ものすごくリアルな女性として、私は感じました。
家族でも恋人でも、自分の愛した人に愛されたい、その人のために何かをしてあげたい。裏切られたら、当然「なんでー!!!」って叫びたくなる。
そういう感情って、誰もが持っているものですよね。松子だって同じ。
だから、生き方とか以前の、人間の本来持っているはずの根本的な欲求に気づかされて、なんだか、とても共感してしまいました。

出ている俳優さんも、ほんのちょっとしか出ていないのに、味があって存在感たっぷりな豪華な人達ばっかりです。「あ!この人がこんな役で!」っていうのを探すのも、一つの楽しみかもしれませんね。

監督は、「下妻物語」を撮った監督と同じです。
今までの邦画になかった独特の感覚で作られた映画が、これからどんどん世の中に増えていくのかな、と思うと楽しみです。

時代は、私が生まれるよりも前の設定から始まりますが、今の若い人達に、特にじっくり見て欲しいなぁ、と思います。
映画の中で語られる言葉「人生って、人に何をしてもらったかより、人に何をしてあげられたか、だよね・・・」っていうのが、この映画のすべてだと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/11/24

やわらか戦車

やわらか戦車って知っていますか?
私は、ついこの間、太鼓の先生に教えてもらったのですが、最近はやりのネットアニメ、通称「ネトアニ」っていうものみたいです。
これがむちゃくちゃかわいいんですc(>ω<)ゞ

興味のある方は、↓のURLを覗いてみてください~。必ず、音を出して!
やわらか戦車

戦車なんだけど、柔らかすぎて、戦えない。ネコにさらわれる。
指で触られると、そこから腐る。
やわらか戦車と硬い戦車との会話もシュールな感じで・・・。
今は、第8弾までストーリーが展開されています。
早く続きが見たい(>_<)

や~わらっか戦車の心はひとつ~♪

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/11/23

ブログ復活~

いやいや、皆様、お久しぶりです。
引越しも終わって、ネット環境も整い、やっとブログ再開となりました~(*゜ー゜)v
10日ぐらい更新できない、なんて言っておきながら、2週間かかってしまいましたね。
大誤算でした~(・ω・;)
私としては、「やっと」って感じです。ずいぶん、長い間書いていない気がします。

皆さん、これからも、懲りずに遊びに来てくださいね。
楽しみに待っています~。どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

それにしても、引越しって大変ですね・・・il|li_| ̄|○il|li
引越しだから、という事で、いらないものはリサイクルに出したり、廃棄したり、したにもかかわらず、まだまだ物が多くて、困りましたσ(´x`o)

でも、新しい場所での生活、楽しみです。
しばらくは、散歩がてら、スーパーとかクリーニング屋さんとか図書館とか、いろいろと生活に必要な場所のチェックしないと!

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/11/22

新たな出発

2006年11月22日。

今日から、新しい生活が始まります。
いろいろと分からない事も多いし、不安もあるけど、精一杯がんばっていきます。
「何とかなるよ」が私の口癖ですからね((*´∀`*))

今までの感謝を忘れずに、笑顔であふれた生活になりますように!!
どうぞ、よろしくお願いいたします☆

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006/11/08

日本の四季

いつもブログを読んでくださっている皆さん、ありがとうございます!

最近の朝は、冬の空気が混じってきましたね。
私は、寒いのは苦手です。冬は、なかなかお布団の中から出られないし_| ̄|○
でも、冬の朝の、ぴーんと張りつめた空気は、頭をスッキリさせてくれるので、好きです。

今年は、夏がとっても短かったし、秋もあっという間に駆け抜けて行きそうだし、私としては、ちょっと寂しい思いをしておりますが・・・。
でも、日本は四季があるから、その季節季節の葉っぱの色とか、咲いている花とか、食べられる果物や野菜とか、体いっぱいにその季節を感じる事ができます。

春の桜のピンク、夏の緑と青い空、秋の紅葉の黄色や紅、冬の雪の白。
ぱっと思いつくだけでも、こんなに色とりどりです。
常夏は憧れるけど、そこでは絶対に体験できない事ですよね。

せっかく今、日本にいるんだから、その季節にしかないものを思いっきり楽しみたいな、って思います。

引越しのため、これから10日間ぐらい、ブログの更新ができなくなります~。
復活したら、また遊びに来てくださいね( ´∀`)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/11/07

恋しい・・・

今日は、本当は太鼓の日だったけど、ちょっとした事情で行けず・・・il|li_| ̄|○il|li

もうかれこれ1ヶ月、太鼓を打っていない事になります。
クラスの皆にも会ってないし、太鼓も打ってないし、悲しいなぁ~。・゜・(ノД`)・゜・。
太鼓のない週は、1週間のリズムが狂う感じがしちゃいます。

次は絶対に行くよ~!!

題名を見て、ピンク色の甘い話だと思った方、すみませんね。
太鼓の話でした~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/11/03

横浜で打ち合わせ

Imgp1044   Imgp1045   Imgp1047

今日は、1月にある友達の結婚式での余興の打ち合わせ。昨日の友人とはまた別です。
一人、子供がいる子がいて、何かあればすぐに帰れないと困るから、と言って、横浜で打ち合わせだったんです。
この日は、3連休の初めということもあり、遊びに来た人と、結婚式とで、ものすごい人でした(>_<)

どうせお昼に横浜にいるなら!ということで、もちろん中華街で打ち合わせです。
今日行ったお店は、オーダーバイキング形式の『大珍楼』。
どの料理をオーダーしても、はずれなし!
オーダーの仕方も半端ではなく、女子5人で、どれだけ食べるんだ!!!っていうぐらい注文して、当たり前のように完食でした。
私自身がフードファイターだし、残すかも、っていう心配なんてゼロな人達なので、それだけ頼んだんですけどね(*゜ー゜)v

脱線しそうになるのを、必死で押さえて、とりあえず余興の大枠が決まったので、ホッと一安心です。
最初の出だしは、スローかもしれないけど、案が出だすと、それぞれがどんどん膨らんでいって、盛り上がりすぎて収拾がつかなくなるぐらい。
大学時代のブレストの再現って感じで、とっても懐かしかった~( ゜∀゜)

その後は、山下公園近くのBARNEYS NEW YORKの最上階のカフェで、海を見ながらお茶をして、最後は大桟橋で夕陽を見て・・・。
打ち合わせがメインなのか、横浜がメインなのか、は別として、貴重なハプニング続出だったし、とても充実した一日でした。

この友人達は、特別に決めたわけではないのに、それぞれ内輪での役目というものがあって、卒業した今でも、それがなぜか自然と身についたままになっています。
皆、一気に結婚へと向かって走っていますが、どこにいても、子供がいようと、最低年に1回は会って、馬鹿笑いができるといいなぁ、と思います。

あー、また食べ物の話。そして、最近の私は食べすぎです・・・。
運動しなくっちゃ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/11/02

姉妹(チャメ)

Cimg1651

今日は、会社帰りに、友人の結婚式関連の打ち合わせでした。二次会の幹事として、会場のオーナーに話を聞いたり、これからの流れの打ち合わせをしてきました。

その帰りに、恵比寿で韓国料理の「姉妹(チャメ)」で夜ご飯(*´∀`)
この「姉妹」は、TBSドラマ「輪舞曲-ロンド-」の中で、チェ・ジウのお店として使われていたお店の恵比寿店です!
私は知らなかったのですが、一緒にいた人が知っていて連れて行ってくれました(^^)v

店内は、あんまり広くないですが、座るとすぐに出してくれるナムル3種類はもちろんおかわり自由です。これが、また程よい味つけで美味なんです(´-`)

スンドゥブチゲ(豆腐チゲ)の専門店なので、メニューはチゲ(私は野菜チゲを注文しました)ばっかりだけど、やっぱり専門店なだけあって、おだしの味もしっかりするし、本当に今考えただけでも、よだれが出そうなぐらい絶品でした(→ܫ←)♡
ご飯も、一人一人、石釜で炊かれたのがそのまま出てくるので、ホクホクご飯に手作りスンドゥブチゲがたまりませんc(>ω<)ゞ

辛さも1~3段階で選べるし、値段もリーズナブルだし、恵比寿でこんなに安くて美味しいものが食べられるなんて、ちょっと幸せですよ☆

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/11/01

フルコース!

Imgp1033   Imgp1036   Imgp1040   Imgp1042

本日は、友人と高田馬場で、ちょっとお洒落なディナーフルコースを食してまいりました。
オーガニック野菜を使ったカフェレストランです。お店は「ヴィノーブルカフェ」。

まずは、軽く、前菜と白ワインで乾杯。
白ワインも有機栽培されたぶどうから作るワインなので、もちろん体にとても優しいんです。
出てくるパンも「パン・ド・カンパーニュ」。これも、手作りで、ふわっふわで、噛めば噛むほど味の出る美味しいパンでした。パン好きの私には、最高♡
前菜やメインに使われている野菜も、もちろん無農薬有機野菜です。朝、採れたての野菜たちが送られてきて、それを使って料理されるようです。

その心遣いだけでも、うれしいのに、最後のコーヒーはバリスタのデザインカフェラテ☆
今回は、ウサギと犬を描いてくれましたc(>ω<)ゞ
かわいくて、混ぜるのが心苦しい感じです・・・。

素敵な雰囲気のお店で、ざわざわとうるさくないし、健康的な食事をしながら、おいしいワインを飲んで、楽しくおしゃべり。
とっても有意義な時間でした~。

高田馬場は、開拓すればいろいろとありそうだから、これから少しずつ見つけてみようかな。
今回のレストランは、当たり1軒発見!ということで( ´∀`)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »