« エイサー | トップページ | これぞ自家製! »

2006/09/11

今日この日に・・・

9.11。
世界中の人にとって忘れられない日です。私の大学時代の友達もNYにいるし、なかなか連絡が取れなかったので、とても不安でした。

下の詩を書いたのは、この貿易センタービルに飛行機が激突した時に、救助のため、最初にビル内に突入したレスキュー隊で、行方不明になってしまったうちの一人。彼が生前に書いていたものだそうです。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
「最後だとわかっていたなら」 ローラ・ホートン

あなたが眠りにつくのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように祈っただろう

あなたがドアを出て行くのを見るのが 最後だとわかっていたら
わたしはあなたを抱きしめてキスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて 抱きしめただろう

あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが 最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって 毎日繰り返し見ただろう

確かに いつも明日は やってくる
見過ごしたことも取り返せる
やりまちがえたことも やり直す機会が
いつも与えられている

「あなたを愛している」と言うことは
いつだってできるし
「何か手伝おうか?」と声をかけることも
いつだってできる

でも もし それがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるとしたら
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい

そして私達は 忘れないようにしたい
若い人にも 年老いた人にも 明日は誰にも
約束されていないのだということを

愛する人を抱きしめるのは
今日が最後になるかもしれないことを
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず

もし明日がこないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
微笑みや抱擁やキスをするための ほんのちょっとの時間を どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうしてしてあげられなかったのかと

だから 今日 あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも いつまでも大切な存在だと言うことをそっと伝えよう

「ごめんね」や「許してね」や「ありがとう」や「気にしないで」を伝える時を持とう
そうすれば もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

明日が来るという事は、私にとっては当たり前の事として今まで生きてきましたが、そうではない人も沢山いるし、誰にも保証されたものではない、という事に気づかされた詩でした。
周りに多くの友人がいて連絡を取り合える。おいしい物が食べられる。前から計画していた旅行に行ける。こういった日常の事を毎日、考えずに繰り返せる幸せってとても大きいものなのだな、と思いました。
最後だから、とかそういう事ではなくて、毎日、感謝しながら、周りの人を大切にしながら過ごしていければ、ちょっとしたイライラした事とか、そういうのが小さい事に思えてくるかもしれないなぁ。

|

« エイサー | トップページ | これぞ自家製! »

コメント

去年、とても身近に突然、信じられない不幸がおこり、
そのとき、まさにこの詩の内容と同じことを実体験として感じて、
今それを胸に生きています。

「あの時こうしておけば良かった」「こうしてあげれば良かった」って、いくら思っても、
本当に取り返しがつかないときってあるんだ・・・って。
そうなった時に思っても、ほんと遅いんだよね。
その時には何もしてあげられないんだよね。

だから、こないだもちょっと言ったけど(メールでね)、仲直りはその日のうちに。。
それが喧嘩した時の私のモットー。
目の前にいるうちにしたいって思うんだよね。
明日、その人が生きているっていう保証は無いから。。。

究極的かもしれないけど、「この人は明日生きていない」って仮定して行動すると、
ムカついてたこととかホントどうでもよくなって、とても優しく接することができるよ。

投稿: 夢。 | 2006/09/12 12:35

>夢。さん、
「あの時、こうしていれば」っていうのって、本当に遅いんだね。
ただ、あとから気がつくことが多いのも事実なんだと思うの。
その時その時で、思った事をちゃんと行動してあげていないと、心から後悔する結果を招くかもしれないし、だからこそ、一瞬が大事になってくるんだね。

「目の前にいるうちに」っていうのを私もこれから心がけていこうと思います。
夢。さんが言ってるように究極かもしれないけど、そう考えないと、こういう生き方は出来ないと思う。
優しく生きていこうね。

投稿: kikijiji | 2006/09/12 13:19

そうなんだよね・・・。
でも、人って遅かれ早かれ、絶対にどこかで気づかされるように出来てて。
それを今後の人生の中で生かしていければ、成長はできるかなって思うから、
何かある度に、私は必ずそこに立ち返るようにしてるんだ。
せっかく気づかせてくれたのに、同じ後悔を繰り返すことだけはしたくないからね・・・。

投稿: 夢。 | 2006/09/12 14:00

>夢。さん、
確かにそうだね。いつかは、それに気づく時がくるよね、皆。
夢。さんが何度もそこに立ち返ってる場面を私は見ているし、ちゃんと今の生活に生かせてると思うよ。本当に。
大丈夫。しっかりそれを胸に刻んで人生を送れば、後悔は繰り返さないから。

投稿: kikijiji | 2006/09/12 14:08

私も以前この詩を読みました。
確かに考えさせられたけど、実際にできないもどかしさ。

わかっていても難しいよね(*_*; 

私には特に..

投稿: Mayu | 2006/09/13 00:12

>Mayuさん、
そうだね。難しいよね。
でもさ、そういう事を知ってるかどうか、って重要だと思う。
私は皆、それができると思うの。Mayuさんだって、「ありがとう」っていつも普通に言うでしょ。そういう事を、毎日、1つずつでもできれば、それが大きなものになると思うんだよね。

投稿: kikijiji | 2006/09/13 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/66946/3411223

この記事へのトラックバック一覧です: 今日この日に・・・:

« エイサー | トップページ | これぞ自家製! »