« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

○×バトン

最近、バトンがいーっぱい回ってきますね。たまってきているし、ブログ復活記念に、そろそろ行きましょうか!
今日は、一番簡単そうな「見た人絶対」の○×バトンから。

・ルール:経験したことあるものには○、無いものには×をつける

01 入院 × ものすごい健康体。それがとりえです^^
02 手術 × 
03 骨折 × 病院で、こんなに素晴らしい骨は見た事ないと褒められた。
04 献血 × 血が薄くてダメだって・・・ でも、ヘモグロビンは褒められた事がある。微妙でしょう。
05 失神 △ 失神っていうか、貧血   
06 風俗 × 
07 しゃぶしゃぶ ○ タイで食べました~
08 エスカルゴ ○
09 万引き×   
10 補導 ×   
11 女を殴る × 殴る??そんな場面ないよね・・・ 
12 男を殴る × 
13 就職 ○ 今現在もOL中♪
14 海外旅行 ○ 旅行だいっすき☆
15 ギター ×
16 ピアノ ○ 
17 バイオリン ×
18 眼鏡 × 目だけはいいんですよね~。今、両目とも1.5。どうだ!
19 オペラ鑑賞 ○ 海外で1度ちゃんとドレスアップして見に行ったことがあります~。
20 テレビ出演 ○ 幼稚園の時、NHKにヨガ特集で。ちなみに読売新聞も太鼓で載りました。
21 パチンコ ○ 29歳になって初めて友達に連れて行ってもらい、今のところ、それが最初で最後。
22 競馬 × 競馬場に行ってみたい~。大井はデートスポットなんでしょ??
23 合コン ○ いつも盛り上げ役・・・
24 北海道 ○ 会社の部内の旅行で行きました~。函館の夜景。そして札幌のとうきび♪
25 沖縄 ○ 本土はないけど、宮古島と石垣島♪ダイビングしますからね。 
26 四国 ○ 友達と車で強行1周しました!昔は家族旅行でも行きました!こんぴらさん登りましたよ(^^)v
27 大阪 ○ 住んでいました。
28 名古屋 × 食べ物だけでも行く価値があると思ってるけど、なかなか機会がなくて。
29 エスカレーターを逆走 ○ あるよ、あるよ。乗り間違えて。
30 フルマラソン × マラソンは、意味が分からない。わざわざ走らなくても車とか電車とかあるし・・・
31 自動車の運転 ○ 運転しながら、大声で歌うのが好き\(^o^)/
32 10kg以上減量 ○ 留学中に今の体重より10キロ以上太ってしまったので・・・ 別人です。
33 交通事故 △ 暴風雪&アイスバンのハイウェイで山越えしてて、一人でくるくる回って、岩に自分からぶつけて止めた。冷静でしょう、私^^
34 1万円以上拾う × 
35 1万円以上落とす ○ お財布ごと落とした(-_-;)
36 徹夜で遊ぶ ○ 全然余裕で経験あり。 大学の時、金曜の夜はパーティーの日でしたので。
37 ピアス × たぶん面倒だから、あけたとしてもつけっぱなしだろうなぁと思います。
38 50万円以上の物をもらう × ない!でももらってみたい~(>_<)
39 ラブレターをもらう ○
40 一目惚れ △ うーん、あるような、ないような。
41 幽体離脱 ×
42 先生に殴られる ×
43 徒競争で1位 ○ 短距離得意!秒単位で終わるでしょう。だからでしょうかね。
44 妊婦に席を譲る ○ でも、明らかに!っていう人じゃないと失礼になりますよね。見分けは難しい。
45 他人の子供を叱る ×   
46 20過ぎて素面で転ぶ ○ 転ぶっていうか、つまづく。
47 同棲 
48 ストリート誌に載る ×  
49 2m以上の高さから落ちる ×  
50 学級委員長 ×
51 恋人が外国人 ○
52 刺青 × 
53 ナンパ ○ 
54 逆ナンパ ×
55 ディズニーランド ○ 
56 一人暮らし ○
57 スキー × スキーやったことないです!
58 スノボ ○ いまだに冬はやっていますよー。スパルタの友人のおかげで。  
59 サーフィン ○ 1回だけあります。でも、難しかったです。
60 異性に告白 × 自分から告白した事ですよね?ないかも・・・。
61 同性から告白 ○ 花束とかもらったことあるしぃ~
62 中退 ×  
63 留年 ×
64 浪人 ×
65 喫煙 ×
66 禁煙 × 
67 酔って記憶をなくす × 皆が酔い出すと、シラフに戻るから。一度やってみたいです。
68 飲酒運転 × 
69 保証人 ×
70 幽霊を見る ×
71 先生を殴る ×
72 親を殴る ×
73 食中毒 ○ 合コンの当日になって、そしてキャンセル。原因は牡蠣でしたー。
74 無言電話 ×
75 ピンポンダッシュ ○ これは、皆やったことあるんじゃないかなぁ~。

○×だって言われているのに、△とかつけちゃいました。ま、いいですよね。
こうしてみると、意外と経験しているのか、していないのか・・・。
これを見てしまったあなた!さー、お暇な時にどうぞー。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006/07/30

ゲド戦記

今日は、なんと早速『ゲド戦記』を見てしまいました。
昨日が公開初日だったので、今日は当然まだまだ混んでいるだろうということで、席が予約できて確実に見られる六本木ヒルズのTOHOシネマに行ってきました。

時間ギリギリだったのに、ポップコーン、ドリンク、ホットドッグを買って、でも席ももう決まってるから余裕~!ヒルズの映画館好きですー^^

さてさて、ゲド戦記の感想は・・・。
今回、私は、あらすじも批評も何も知識にいれず、私が知っているのはジブリの作品という事だけで、見に行きました。
が!つまらなくはないんだけど、何が起こっているのか、どういう背景でそうなったのか、これは何を象徴しているのか、などなど最後まで把握しきれず、謎が多く残ってしまいました。

話の展開が急だし、細かい説明は何もなしに物語が進んでいくので、私のように内容を全然知らないで見ると、「あれ?これはどうして?」とか「○○って何?」とか「ひぇ~、何でまた急に?!」とか思うシーンがちょこちょこありました。

ジブリの作品って、主役にしても脇役にしても、登場人物がとにかく魅力的なのが、特徴だと思うのですが、今回のゲド戦記は、それもいまひとつな感じで、やっぱり、宮崎駿監督とは違う人が作ったんだな、という感じです。
後は、最初から最後まで暗い~~~。くすっと微笑むシーンもないし、全体的にキャラクターに笑顔が少ないです(>_<)
比べるのもおかしいかもしれませんが、ジブリの看板を背負って公開されている以上、どうしても比較してしまいます。。。

私は、見終わった後で、原作の内容を聞いて、「あ~、なるほど。そういう事だったのか」っていう場面が多かったんです。この映画で描かれている事の前にも中間にも、まだまだ壮大なストーリーが隠されているみたいですね。
ただ、原作通りでないのに、なぜ題名が「ゲド戦記」なのかなぁ・・・なんて、思ってしまったりしちゃいました(^^;

これだけ書いてから、言うのもなんですが・・・。
「今」という時をしっかり生きなくちゃ、というメッセージはちゃんと伝わっていますよ、吾朗さん。
駿監督よりも、吾朗さんの方が、映画のメッセージはストレートに、かつシンプルに伝わってくるかもしれないです。
映画の色彩もきれいだったし、そして何よりも「テルーの唄」の歌声は、やっぱり澄んでいて、聴いていて、とっても心地の良いものでした。

お父さんの印象が強い分、大変かもしれないけど、自分の感性を信じて独自の世界を作って欲しいなぁ。なんて、ちょっと偉そうかな(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

blog再開!!

皆様、長らくお待たせいたしました!ご心配をおかけいたしまして、申し訳ないです。
今日からブログ再開します~。

今まで毎日書いていたので、ものすごく長い間書いていない気がしますが、実はまだ1週間しか経っていないんですよね・・・。
私にとっては、自分の日常を綴るという目的だけでなく、読んでくださる皆さんとのコミュニケーションツールの1つとしても機能していたような気がするので、とても長く感じましたよ~(^^)

それでは、皆様、これからもよろしくお願いしますm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/24

ちょっとお休み

ブログは諸事情により、ちょっとお休みしますね。

すぐ再開する予定です。そうしたらまた読んでくださいね~。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/20

間違い電話

最近、ちょっと困っている事があります。
始まりは会社にかかってきた間違い電話でした・・・。

仮にAさんとしましょう。
最初、Aさんは、番号間違いで、私の会社に電話をかけてきました。
サウジアラビアの方なので、私が会社名を言ったにもかかわらず、舌がくるっくる回ってる英語で、要件をばーっと話し出しました。
幸い、同業界ではなく、話を聞いたところでよく分からない専門用語がいっぱいだったので、Aさんにとっても漏洩なんていう事にならずによかったと思います。

と、まぁ、ここまでは、どこにでもある普通の話ですよね。
ただ、ここから、ほぼ毎日、間違い電話を装って、というか、完全に意図的にですが、電話がかかってくるようになって、世間話ばっかりするんです(>_<)

忙しいって言ってるのに、「そんな事言わないで、日本語の先生になってよ(と言ってるわりには、日本語は一度も聞いた事がないから、どの程度話せるのか分からないんですけど)」とか、「今日のお昼は何食べたの?」とか、本当にどーーーーーーーーーでもいい事をつらつらと話しています。(もちろん、一人で)

上司に電話口に出てもらったり、言ってもらったりしたのですが、全然効果なし(*_*;
毎日毎日、よく飽きもせず電話してくるなぁ~って、敵ながらあっぱれって思ってしまいます。
最初に、ちょっと話をしてしまった私がいけないのは十分承知しておりますm(__)m
一方的に話されているだけなので、別に何かされたわけではないし、会社に被害があるわけではないんですけど、やっぱりね・・・(-_-;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/19

ローレライ

この間の連休の最終日、外は雨が降っているし、パーっと外で遊べるような天気ではなかったので、映画の『ローレライ』のDVDを見ました。

この映画を戦争映画(『男たちの大和』とか・・・)という枠で観ると、時代考証とか設定があり得ないので、どうしても「つまらない」とか「がっかり」とかいう感想になってしまうと思いますが、でも、戦争を題材にしたSF映画として観ると、ストーリーは良かったと思います。
この時代にこのCG?っていう場面がいくつかあったり、潜水艦での戦闘シーンの緊迫感に物足りなさを感じますけど、私は、それよりも潜水艦の中という異常な狭い空間で、生死を共にする人達の感情の方が気になってみていました。

どの時代にも、どんな人にも家族がいます。
その人達を守るために死ぬのではなく、「生きて」その人達を守るという事の大切さを、乗組員達に語る艦長は、本当に格好よかったです。
役所さんと堤さん2人のシーンはたぶん、この映画の中の傑作シーンだと思います!

もともと、映画を見てると、自分もスクリーンの中に入り込んでしまうんです。よく言えば、想像力が豊か、悪く言えば、妄想。映像では見えてこない部分、例えば、登場人物の生きてきた背景とか・・・そういうのを実際のセリフと合わせて、頭の中に勝手に映像として浮かんできてしまうんです。
それで、今回も感動、特に柳葉さんと役所さんが家族について語るシーンとか、皆が艦長に賛同するシーンとか。いろーんなドラマが浮かんできて、そして号泣してしまいました(>_<)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/18

ASH-Roty再び!!

Imgp0750   Imgp0758   Imgp0762   Imgp0765

やっぱりすごい!素敵\(^o^)/ピエ~ルゥゥゥ~!!!

今日は、私が和太鼓を習っている先生の邦楽ユニットASH-Rotyのライブでした。
一夜限りの予定が、前回のライブ(←詳細はコチラ)で大好評。もう一度!の声が多かったため、今回は、銀座の博品館で追加公演となりました。

今回は、前回に増してパワーアップしていて、すっごく盛り上がりました。
もちろん、追加公演なので、前回と同じ曲もやってくれましたが、後半はガラッとイメージを変えていて、いろいろな要素を取り入れたステージでした!

はぁ~、ってため息が出るぐらいすごいんです。音もパフォーマンスも。
メンバー全員がとにかく楽しんでやっているのが伝わってくるし、それを見ている私達も自然と楽しい気分になります。ライブでしか味わえない感覚だし、毎日の生活が忙しい中、3時間めいいっぱいのパワーをもらいました。

本当は、今日は火曜なので太鼓のクラスがある日なんですけど、先生がこっちのライブに出るとなれば、ねっ。皆、日程的には全然問題ないし、良かった♪って感じです。
私だって、本当は余裕だったはずなのに、何でしょう、この忙しさ(>_<)
ライブ終わったら会社に帰って仕事しないと・・・って思っていました。
でも、ライブが10時に終わって、お腹もすいたし、後2時間仕事するのか、明日の朝早く行って始業前2時間仕事するのか、どっちだ!!っていう選択の結果、明日の朝することにしました。

だから、ライブの後は皆でご飯ご飯♪
ここでもまたわいわい騒いで、さらに3日ぐらい寝なくても大丈夫なぐらいエネルギーをもらいました。来てよかった^^

私の仕事も今週が山場だと思います。今日ダブルでエネルギーをもらえたので、ダイジョウブ。乗り切れるはずですp(^^)q

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/07/17

蛍観賞

今日、初めて蛍を見たんですよ!
高田馬場のおとめ山公園の中で開催されている年1度のお祭りみたいです。
全然知らなかったし、道順の案内も手作りで小さかったので、「どんなのだろー」ってちょっと不安な感じでしたが、実際に行ってみると、なんと大盛況。

最初は、かごの中に入っている蛍。
真っ暗で、「蛍どこ??」って思いましたが、道の途中にライトを持って照らしてくれている係員の人が「はい、左見て~」って言ってくれて、「あ!蛍がいた!」っていう感じ。
たぶん、おじさんが教えてくれなかったら完全に見落として、先に進んでしまうところでした。危ない危ない^^;
でも、私が今までテレビなどで見て想像していた、蛍そのまんまでした。
緑色っぽい光が大きくなったり小さくなったり、ついたり消えたり。
ちょっと感動してしまいました!!

ぐるーっと公園を一周して、最後は、かごの中ではなく、放し飼いにしてある蛍!
これは、場所が決まっているので、並んで順番に見て行きます。

雨だったから、羽もぬれちゃってあんまり飛んでくれない・・・って係りの人が嘆いていました。
最初は本当に、よーく目をこらさないと見れないぐらいだったけど、最後はちゃんと私の目の前を光ったまま飛んでくれましたよ(^^)v

初めての蛍観賞は、あいにくの雨だったけど、なんとなく湿った空気の中、雨の音を聞きながら蛍の光を眺めるというのも、風流な感じでよかったかな、と思いました^^

※一応、デジカメで撮ってみたのですが、画像は、真っ暗・・・。当たり前だけど、画像をUPできないのが残念です(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/16

元気復活!!

今日の夕方から明日は、オフの時間と心に決めて、それまでは必死に今日中に終わらせなければならない事だけ集中して終わらせました。
そして、急いで帰ってきて、用意をして、前から予定をしていた友達と飲みに渋谷へ。

行く前までは、正直な話をすると、疲れたなぁって思っていたんですけど、いざ行ってしまうと、そんな事は本当にあったのか、と思うぐらいにすっかり忘れていました(^^;

つくづく私って単純・・・って思ってしまうけれど、友達と会って、おいしい物食べながら、爆笑してると、それだけでもう十分復活するんですよね。
気づいたら、4時間半以上、話っぱなし笑いっぱなし。とっても充実した時間でした~^^
アニマルの「わーはっは、わーはっは」じゃないけど、笑いの力恐るべし!ですよ。
力が倍になって、よみがえってくる感じがします~。

もうすっかり通常通り♪また来週(今週?)からがんばれます。
だって、週末はまた友人のお家へ遊びに行くという楽しみなイベントが待っていますからね^m^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/15

電池切れ

今日は、もう電池切れ・・・。

ちょっと、明日のために充電します。
明日の午前中に、とりあえず絶対に終わらなければならないのだけは終わらせて、それ以外は、もう来週の火曜からにします~。

明日の午後からは、週末にしよーっと!充電充電♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/14

3連休が・・・(泣)

もう、疲れた~。眠い~。

3連休前の金曜なんて、いつもはとってもうれしいものなのですが、今回はもうダメ・・・。
仕事で、連休丸つぶれです。
金曜なのに、終電に間に合わず、タクシーで帰宅しても、今すでに午前3時半すぎ。
タクシーの中では、おじさんの東京今昔物語を聞いていました。

今からお風呂に入って、1時間ぐらい仮眠とったら、出社します。

とりあえず、おやすみなさい~。
こんな生活じゃ、お肌もボロボロになってしまいますよね。トホホ(*_*;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/13

運命の人占い

友人の日記に面白いものがありましたので、私も乗っけちゃおうっ^m^

「実名!運命の人占い」
疲れた頭には、こういうサイトが楽しくてうれしいです♪
運命の人が占いで分かるんですけど、本当に実名で出てきます。名前、住んでる所、年齢、職業、今欲しいもの、なんてそんな事まで書いてありますよ~。

http://u-maker.com/o/destiny/

私の診断結果・・・

****さんの運命の人は、ズバリ今井哲郎さんです!
哲郎さんは現在静岡県に住んでおり、年齢は26歳。
職業は調教師です。
哲郎さんがいま欲しいと思っているものは自転車です。
ふたりは2007年3月25日に出会います。

あと8ヶ月で哲郎さんが出現するみたい。しかも、26歳!!う・・・若い・・・。
さっき仕入れた情報では、まさに26歳調教師!っていう人が身近にいるんです。
と言っても、静岡在住ではないみたいですけど、転勤とかで行くかもしれないしね(^^ゞ

皆さんの運命の人は誰でしょーね??

さてさて、頭がリフレッシュしたところで、仕事もうひとがんばりします。では~(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/12

豆腐ベーコン

Imgp0739

今日は、時間がもったいないので、お腹ペコペコのまま残業・・・(*_*;
途中でコンビニにでも寄ってくればよかったのですが、無意識にどこも寄らず帰宅してしまいました。
で、お家に帰ってきて、どうしようかなぁ、って迷ったのですが、お腹がすいてたら、この蒸し暑い中、絶対に眠れない!って思って。

というわけで、冷蔵庫の中にあったお豆腐、ベーコン、卵。これでとりあえず作った、ものすっごい簡単な一品です。

【豆腐ベーコン】

豆腐: 1丁(キッチンペーパーなどで軽く水切りした方がいいと思います)
ベーコン
卵: 2個
醤油: 大2
砂糖: 大1
万能ねぎ: お好みの量

1. ベーコンを炒める。
2. お豆腐を崩しながら入れる。
  私は、ちゃんと切るのが面倒だったので、適当に切って、後は手で崩してしまいました。
3. 大きく回しながら、ベーコンとお豆腐を混ぜ、お醤油とお砂糖で味付けをする。
  (私は、醤油:砂糖 = 2:1ぐらいを目安にしたけれど、これもお好みで)
4. 溶いた卵を回し入れる。
5. 小口切りしたねぎをのせて、できあがり♪

はい。所要時間5分。簡単でしょー??
でも、ご飯の上に乗せれば、丼にもなるし、美味しいですよ。
これは料理なのかなぁ?火使ったから、一応料理かなぁ?
まぁ、これで、とりあえず今日は眠れます(-_-)zzz おやすみなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/11

祝!Kちゃん復活

待っていました~。
今日から太鼓のクラスにKちゃん復活でした~(^^)/2ヶ月ぶりぐらいかなぁ。

Kちゃんは、太鼓をこよなく愛する人なので、打てない2ヶ月は、本当に辛かっただろうなぁ~と思います。話を聞けば聞くほど、Kちゃんの今の状況が大変すぎて、どうにかしてあげたい!って思ってしまうほど(>_<)
好きなのに行けない、打てない・・・これでは、ストレスを発散するところがどこもないですよね。
Kちゃん、よく我慢しました!

Kちゃんは、次の週にはせっかく覚えた曲があやしくなっている私とは違って、2ヶ月のブランクなんて感じさせないぐらい覚えていましたよ~。さっすがーーー!!

まだ、完全復活ではないみたいなので、無理しないで、と思いつつ、やっぱり皆が集まると楽しいから、来て欲しいし・・・(笑)
そんなんで、久しぶりに女の子が全員そろったクラスでした。

さてさて、私も怒涛の2週間、がんばろーっと。
ASH-Rotyのライブしか楽しみがないけど・・・やるしかないですからね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/10

イタリア優勝!!

4年に一度の祭典、2006年サッカーW杯ドイツ大会は、イタリアの優勝で幕を閉じました!

最後の最後まで、ドキドキする試合ばかりで、ものすごく詳しいわけではないけど、それでもとーーっても楽しみながら観戦していました。
私の応援していた国、勝ち残るだろうと予想していた国々が、ことごとく敗退していってしまいましたが・・・(*_*;
絶対という言葉はどの国にも当てはまらないし、大きな番狂わせだって、ほんのちょっとの気の緩みから発生するのがサッカー。だからどんなに強い国でも闘志をむき出しにして、必死にボールを追いかけるのでしょうね。

今回のW杯を最後に引退をしてしまう選手も多く、どの国でも世代交代の時期。
決勝でジダンがあの時何を言われたのか、何があったのか、は分からないけれど、最後の最後で一発退場になってしまい、その結果がPKの末の準優勝(つまりは、負け)・・・
有終の美を飾れなかったフランスのベテラン選手の気持ちを考えると、何だか切ないなぁ~と思ってしまいました。

そうは言っても、プロの勝負の世界。勝って相手を見返すぐらいの強い気持ちと自制心が必要だったのかもしれませんね。
最後にそんな出来事があったW杯が終わり、また4年後、南アフリカ大会で、新戦力やすごい技の数々が見られるのを楽しみに待つことにします。

サッカーの前にやっていたウィンブルドンの男子決勝も見ていましたが、プロスポーツ選手の技の芸術性には、本当に圧倒されます。
こういうプロの技を見ると、純粋に感動するし、そんな感動を与えられる人達ってすごいですよね~^^

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/09

『ダ・ヴィンチ・コード』

今日は、やっと『ダ・ヴィンチ・コード』の映画を見てきました。
そろそろ夏休み映画第1弾で、続々と新しい映画が公開される頃なので、すいてるかな、と思いきや、相変わらずほぼ満席の大盛況ぶりでした。

感想は・・・う~ん、たぶん、予備知識もなく映画だけ見たとしたら、私には難しかったかもしれないな、というのが正直なところでした。
私は、本を読んでいたし、ダ・ヴィンチ・コード展も行ったから、ストーリーがつかめていたので、人物も用語も素直に頭に入ってきたけど、それでも、「あれ?もうこんなに進んでるの?」とか「あれ?ここ説明なし?」って思った場面が多かったように思います。

やっぱり、あれだけの内容を2時間半ぐらいで収めなければならないので、どうしても主要な部分だけを抜き取って、つなげたのかな、という感じは残ります。
ものすごいスピードで物事が進んでいくし、人物を把握するのだけでも、初めて見る人には、結構大変な作業だと思いました。

でも、私は、内容を知っていてもドキドキしながら、楽しく観れましたよ~。当然、本などからの予備知識も入れたうえで見に行っていますからね・・・。そうじゃなかったら、感想は絶対に変わっていたはずですけど(^^;)

本では、私の頭の中の想像だけでなかった場面、例えばオプス・デイのあの修行(?)も映像として見せられると、強烈に頭の中に残るし、映像での印象の残り方は本では得られないものなので、これはこれで良かったと思いました^^

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006/07/08

はばたく人々

今日は、大学時代の友人が海外へ転勤になったため、旅立つ前にということで、久しぶりに集まりました。
皆、アメリカで一緒だった人達なのですが、本当に相変わらず個性的(もちろん良い意味で)な人達でした。改めて、「あれ?私、すごく普通・・・」って実感。向こうにいる時もずっとそう思っていたんですけどね~。

私は日本人の知り合いが少なかったので、あんまり話した事のない人達もいましたが、それでも同じような苦しい時間を乗り越えてきた仲間なので、すごく刺激的で楽しかったです。
大学卒業後、そのまま現地採用で就職した人、結婚して海外転勤で旦那さんについて行って大学院で学びなおしている人、貿易の事業を立ち上げた人、マネージャーになってバリバリ働いている人、幸せな結婚をして穏やかになった人、etc。
だからこそ、それぞれの卒業してからの話を聞いて、エネルギーをもらったと同時に、何だか「今の私はがんばってるのかな?」と疑問に思ってしまいました。

アメリカに留学していた頃、私の学部(福祉や国際貢献を専攻にしていました)は日本人もいなくて、でも、その学部を選んだのは私だし、夢があったから、苦労はしたけど何とかなりました。留学生だからってアメリカ人にバカにされたくない、負けたくないっていうのもあったし。でも、そう思わないと卒業できなかったとは思いますけどね(^^ゞ
結構ハードな学部だったんですよ、実は・・・。

すごくいい教授に出会い、その教授の推薦で、大学院の話が舞い込んできましたが、私は早く仕事がしてみたかったので、とある国際事業をしている企業を数社受けたのですが落ちて、違う企業に合格したけど、結局ビザや保証の問題で、アメリカ人にそのポジションを譲らざるを得なくなって、帰国・・・。
大学生活は本当に大変でした。でも、夢があったから何とか乗り切ってこれました。その夢も破れて帰国、っていうのは全部に負けたみたいで本当は嫌でした。

帰国してすぐ職が見つかって、でも1年の半分以上は出張でまた海外生活をしていたので、2年間は、とにかく夢の事とか考える時間がありませんでした。そして転職して、友達との楽しいアフターファイブ、趣味、お稽古って、出来なかった事をいろいろと始めたら、この生活が楽しくて楽しくて^^、それがいまだに続いているというわけです。

久しぶりに話した大学の友人は、それぞれ新しい所へ道へと羽ばたいていて、すごく格好よく見えました。そして、当時の事を話して、そんな事もすっかり忘れていた自分に気づきました。
今も私なりに頑張っているつもりだけど、最近いろいろと変化の時期に来ている私の周りの人達の話を聞いているから、自分の先の見えなさにあせっているのかもしれないなぁ(*_*;
あせっても仕方ないのは十分分かっているんですけど・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/07

七夕~♪

今日は七夕ですよね。
毎年、七夕は雨のイメージがあるのですが、今年は何とか持ちましたね^^

七夕って、年に1度しか会えないとーってもロマンチックな話のわりには、いまいち盛り上がりにかけると思いませんか?
私だけかなぁ?あ、もしかしたら、金曜日だし、七夕デートの人も多いのかな??
七夕のエピソードを考えると、クリスマスイブよりも、こっちの日ぢゃない??って思ってしまったりします(^^ゞ
「また、そんな可愛いらしくない事ばっかり言って・・・」って言う声が、どこからともなく聞こえてきそうですけどね。
クリスマスは、イルミネーションがとっても綺麗だから大好きなんですけど、意味を考えると、ですよ、あくまでも。

小さい頃は、幼稚園とか小学校で、短冊に願い事を書いて、笹につるしたりしていたし、家のベランダにそれを飾ったりして、それなりに楽しんでいたイベントだった気がします。
私としては、七夕は、願い事を書いたり、星達に願いを聞いてもらうあたりなんて、とっても夢があって、いいなぁ~と思います。

そして、エピソードの中で、2人を隔てているのが、天の川ですよね。天の川って見たことがありますか?
私がアメリカで住んでいた田舎より、さらに田舎の山へ行って、車のライトもすべて消して、真っ暗の中(もちろん街灯なんて皆無・・・)、寝そべって空を見上げると、本当に川みたいに連なっているんですよ、星が!
英語で「Milky Way」と言われるだけあって、薄く白がかっている川が空にあるんです。
東京では見た事がなかったので、この時の感動は、今でも忘れられません(>_<)

さて、今年は何をお願いしよっかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/06

裏血液型

いまさら・・・って言われるかもしれないけど、この前、友人から回ってきたサイトで、裏血液型っていうのをちょっとやってみました。
これで、裏の顔が分かってしまうそうで・・・(*_*;
試した事ありますか?私は今回初めてでちょっとドキドキ。

http://www.apichao.net/uranai/200309/

さて、結果発表!

表:O型  裏:O型

「根性・気合・諦めない・ぜったいゲット!」このような言葉が誰よりも似合うこのOOタイプ。そのガッツと元気は将来大きな成功を掴み取る大きな長所である。ただ、がんばりすぎて、精神と肉体をやられないように気をつけてほしい。熱いメッセージを情熱的に伝えることが長けているこのタイプは歌手や詩人に最適

ですって。
表も裏もOでした・・・。気合はあるかもしれないけど、根性ねぇ・・・絶対ゲットねぇ・・・
結構、すぐ諦めるタイプなんですけどね。
そして、詩人(-_-;)。あんまり、文章書いたり、伝えたりするのって得意じゃないんですけどね。
って自分で思ってるだけで、本当は、しつこく諦めなかったり、詩人タイプだったりして^m^

他の人は当たってるのかなぁ~??

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006/07/05

ブルーもしくはブルー

ブルーもしくはブルー  山本文緒 / 角川文庫

もし、あの時こっちを選んでいたら・・・もし、あの時あっちを選んでいたら・・・
って考えた事はありませんか?
私は、基本的に、終わりがよければOKと考える方だし、その結果になるには何らかの力が働いていると思うので、特に選択したものに後悔はあまりした事がないんですけど、それでもやっぱり、今思うとこっちを選択しなければよかったかな、と思うこともないわけではないんです。
もう済んでしまった事は仕方がないのですが、別の人生になっていたかな、と思うと、そっちの人生を想像してみたりする事もあります。どうなっていたのだろうってね。

この本は、別の場所で、別の人生を歩んでいる同一人物の女性が、ばったり会うところから始まります。
人が何か究極の選択をした時に現れる現象で、1人の人物が2人(1人は本体、1人は影)に分かれてしまう。これをドッペルゲンガーというそうです。平たく言うと、この本はドッペルゲンガーの話。でも、根源にあるのは、「人生について」だと思います(おぉぉ、急にこのブログの中身が壮大なテーマになった・・・)。

自分自身の違う人生を体験できるって、楽しいかも!って最初は思いましたが、読み進んでいくうちに、ちょっと怖くなりました。
影だった方が、本体の生活を体験する事で、どんどん今までの経験やはっきりとした記憶を乗っ取っていき、最終的には、お互いにいなくなればいいのに、と思い始めます。
だって、影の方は、本体がいなくなれば自分が本体として生きられるし、本体は本体で、影となるのが嫌だから、やっぱり自分の生活を返して欲しいし。

隣の芝は青く見える、ではないけれど、自分が体験できない事ってやっぱりうらやましく思うのかな。今の現状が幸せだとしても、この人生じゃなかったら・・・って思うと、ちょっと冒険してみたくなるし。
この本の主人公みたいに、実際に2つの人生を体験できるわけではないんです。
1つしかないからこそ、もっと上に、もっと幸せに、もっともっと、って、欲が出てくるのかもしれませんね。

小説なので、内容も分かりやすいし、本も薄いし、あっという間に読めてしまいます。
だから、最初はかなり軽い気持ちで読み始めたんですけど、考えれば考えるほど、深い話な気がしてなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/04

アメリカ独立記念日

7月4日は、アメリカの独立記念日です。
映画の題名にもなっているので、日本でも有名なアメリカの祝日ですね。

アメリカの他の祝日は、やっぱり家族単位が多い(例えばThanksgivingとかクリスマスとか・・・)ので、それぞれのお家へ戻っていきます。祝日当日なんて、街はゴーストタウンみたいに道路から人が消えていました(田舎だったからかな?)スーパーも営業時間が短くなるし。
留学生の私達は、ルームメイトや友達のお家にお呼ばれされて、一緒にお祝いをさせてもらうか、そのゴーストタウン化した学校に残って、細々と何かするか、していました(/_;)

でも、独立記念日の日は、とても楽しみな祝日でした。
同じ州内から来ている学生は帰る人もいましたが、遠くから来ている人達は、1日だけの祝日だし、学校に残ったまま。だから、皆で一緒に楽しめるんです。
盛大な打ち上げ花火が上がるので、これを逃したら、あの感動は味わえません。といっても、日本みたいに規模は大きくないし、数も少ないです。私がいた場所は、自然がいっぱいののどかな田舎だったので、緑を守るという意味でも、当日しか花火はしてはいけませんでした(これは州の法律によって違うみたいですけど)。
いい場所で見れるように場所取りのために、何時間も前から会場へ行って、そこでは必ずBBQ!!
夏は、夜9時頃にならないと暗くならないので、それまで待たないと花火が上がらないんです。それまでは、知ってる人も知らない人も皆でカントリー踊ってみたり、歓談してみたり♪

あ~、こうやって書いていると、楽しかった光景が鮮明によみがえってきました(>_<)
アメリカに行かなければ体験できなかった思い出です(^^)
勉強は確かに大変だったけど(たぶん、今まで生きてきた中で一番勉強したはず・・・)、遊ぶ時は思いっきり楽しむという人達に囲まれて、本当に充実した学生時代だったと思うなぁ~。

学生時代の話は、また機会があれば、ゆっくりしましょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/03

引退表明

サッカー中田英寿選手、突然の引退表明でした。
代表は引退という話は前から噂でささやかれていましたが、選手として引退するというのは、私達には突然の出来事でした。でも、「やっぱり・・・」って思ってしまいました。

中田選手のサッカー人生は、日本のサッカーの歴史と同じ。
Jリーグ発足からオリンピック、W杯と、まだまだと言われながらも、何とか世界と闘う土俵に上がれるようになった歴史と同じ。

公式HPの引退の言葉を読んでいると、涙が溢れてきます。
本当にサッカーが好きなんだなぁ、と思うと、あのブラジル戦の後、ピッチに倒れこんで起き上がれなかった姿が忘れられません。

「純粋にサッカーを楽しんでいた頃に戻れる」
プロとしての意識の高さ、そしてプロゆえの勝ちへのこだわり。ものすごい重圧だっただろうし、それでも果敢に試練に立ち向かう姿があったからこそ、私は、中田選手を応援し続けました。
これからは、笑って、仲間とボールを追いかけられる大好きなサッカーができるはずですよね。

中田英寿選手、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
これからの『自分探しの旅』の中でも存分に能力を発揮して活躍してください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/02

ブラジルもエイサーも・・・

あぁぁぁぁ・・・(>_<)
イングランドもブラジルも負けてしまいました・・・。昨日はアルゼンチンも負けてしまうし・・・。私のベスト4に残る国予想は、全くもって、はずれでした。
4ヶ国中、3ヶ国は敗退してしまいましたので。あーあ。

実は、私はブラジル優勝にかけていたので、すごくショックでした(T_T)

なので、今日は、ちょうどエイサーのクラスの日だったので、そのショックを思う存分発散!
ケチャンバ、思いっきり楽しく激しく踊ってきました。
3時間踊ったら、汗びっちょり。汗くさ~い(>_<)

今日で、いったんクラスが終了だったので(また9月から新クラス開講ですが)、この曲も完成させなければならず、駆け足で覚えて、とりあえず何とか完成させました!
ケチャンバは、今まで踊った曲の中で一番楽しかった♪

9月の発表会の時、太鼓とは別にエイサーのクラスでも出演があるみたいです。
なんと、ケチャンバの歌を歌っている人が特別ゲストで生で歌ってくれるので、こんな機会めったにないし、皆で生歌で踊るそうです!!楽しみ~(^^)

8月、クラスがないのがとっても残念。太鼓もないし・・・。
私のストレスはどこで発散すればいいんだぁぁぁ!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/01

シンデレラマン

W杯ではアルゼンチンがドイツに敗退して、私が見たかった、ブラジル×アルゼンチンの決勝がなくなってしまって残念・・・。

今日は、久しぶりに、たまってたDVDを見て、のんびり過ごしました。その中の一つ、私の大好きな監督ロン・ハワードの作品『シンデレラマン』。昔、「バックドラフト」を観て以来、アポロ13もそうだし、人間を描くのが大得意な彼の映画が好きです。

シンデレラマンは、1930年代、大恐慌時代のNYで、貧しいけれども、ひたむきに家族の幸せを願い、命をかけて戦い、人々に希望を与えたボクサーの実話です。
確かにアメリカンドリーム的な話ではありますが、その中にもやっぱり根底にあるのは、家族の絆、家族愛なんです。

家族を守るため、殴られても殴られても立ち向かう姿は、思い出しただけでも涙が出てきます(>_<)
何かを背負っていたり、守るものがある人というのは、どの国でも、いつの時代でも、やっぱり強い。
そして、そうやって、ジミーのように必死で何かをやろうとしている人の周りには、必然的に支えてくれる人達が集まってきます。
この人のためなら、って思ってくれるような人達が周りにいる、応援してくれている人がいる、っていう事は、どんなものにも勝るものだと思います。

夫を支える妻、レニー・ゼルウィガーも最高でした。ブリジット・ジョーンズの時とは180度違う魅力がいっぱいで、私は、彼女と一緒に「ケガはしないで」「がんばって」って、祈っていました。(映画の中で、私はレニーでしたから^^;)
こんなに献身的に支えられる妻は本当に素敵でした。

ハッピーエンドの映画はやっぱり、観た後が気持ちよくていいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »